2006年07月28日

おいけらーめんさまた 湯葉冷麺

おいけらーめんさまた 湯葉冷麺先日訪れた「おいけらーめんさまた」さん。限定の「湯葉冷麺」(1,000円)をいただきました。
なんとも彩り華やかな冷麺です。

2色の麺が器の中で映えています。一玉の白い麺と半玉の若布麺。かなり細いものです。白い麺は冷麺用のものも試されましたが、冷水で締めたときの食感がよいと、通常の中華麺を選ばれました。2種類の麺を合わせるのは、当ブログでも頻出の「ととち丸」でも同様ですが、やはり同じ麺屋さん。清涼感溢れる若布麺が愉しいですが、それだけでは麺としての歯応えがものたりないのかも知れません。2種類の麺を合わせることで、その問題をクリアされています。麺屋さんからのアドバイスがあったのかも知れませんね。

出汁はとろみのあるあんかけのよう。冷麺のダシといえば、甘味と酸味の濃い黒ずんだものと相場が決まっているので、これには意外感のある面白みを感じます。冷やされた出汁が麺に纏わりつき、その涼気とともに口に運ばれていきます。さっぱりとさせるため、基本的に酸味が強い味付けですが、ベースの出汁はしっかりとした風味を感じることができました。

さて具材。主役の湯葉の白い塊が他の彩り様々な具材の奥に鎮座しています。結構な大きさだなぁと箸で摘むと、それが汲み出し豆腐(湯葉?)を生湯葉で包んだものであることが判明。手が込んでますなぁ。箸で簡単に割ける湯葉をいただいていくと、その下から甘く炊いた筍と椎茸が出現します。筍は柔らかく、サクッとした食感。あんかけ風の出汁にぴったりです。椎茸はよくチラシ寿司に乗せられるものと同じ調理が施されており、これひとつで日本料理の風情を感じますね。和食の職人だった店主の本領発揮です。

それ以外の具材には、絹さや、三つ葉、もみじ麩、刻み海苔、おろし生姜。もはや、「ラーメン・冷麺」のトッピングとは思えません...(^_^;) 完全に和の椀物のそれですね。

お肉は鴨ロース。この上品な冷麺に普通のチャーシューは合わないでしょう。そのあたり、脂分の少ない鴨のロースを選ばれるのは順当ながら、さすがです。斬新でありながら、料理の基本に忠実である故に、安定感があります。

この「湯葉冷麺」、ラーメン店の夏季メニューとしての1,000円は高いと感じるかもしれません。でも、同じものが懐石料理や割烹のお店のお昼のランチで提供されたとしたら、おそらく1,500円〜2,500円くらいは取られるでしょうね。そう考えると、ラーメン店というだけで、この値段で食べることができるわけです。ただものがものだけに、一日にたくさんは作ることが出来ません。

先日のトピックでも記しましたように、「さまた」さん、営業的には現在苦境に立たされているそうです。板書された7月末よりは、もうしばらく営業を続けられるようですが、いつ何時「閉店」となってしまうや予断をを許しません。食べるなら、今のうちかもしれません(?)。

今回、「京都ラーメンマップ」の武内さんの声賭けで、t_cognacさん、ひびさんと同席することができました。言わばオフ会です。ありがとうございました。m(__)m

地図 

【2006年7月28日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50661782
この記事へのコメント
atさん、ごぶさたしておりますm(__)m
昨日、さまたさんに行ってまいりました♪
冷麺にしようかと思いましたが、暑いときは熱いものを!ということで、atさん絶賛の坦々麺をいただきました。
美味い!!!ほんと、おいしかったです(^_^)一気に食べ、スープを飲み干し、大満足でした(^^)/
さまたさんのらーめんは、どれも優しい味ですね。丁寧な仕事ぶりが味に出ていると思います。
こんな美味しいお店が閉まってしまうのは、余りにも残念です。そうならないよう、私もラーメン好きの知り合いにどんどん勧めます!

Posted by 村人 at 2006年07月30日 11:40
>村人さま

ご無沙汰しております!
「さまた」さん行かれましたか〜(^^♪
割と街中にあるのに、意外にマイナーなイメージのお店ですよね。でも、その実力やなかなかのものです。

坦々麺の豚骨のスープは、ほんと「まったり」という表現にぴったりのまろやかさでしょ?それと辛さのハーモニーがなんとも気持ちいいです。
Posted by at_you_see at 2006年07月30日 23:29
立地条件の悪さがネックですが味は絶品のさまた。
もう少し南なら同志社大学の学生が通えるのに・・・。
ちょっと遠いからなかなか行けなかったのですが
久しぶりにこの土日に行ってみて食べてみると
やっぱり旨いです。
この味が食べられなくなるのはもったいないので
本当に閉店してほしくないですね。
Posted by 大葉茅郎 at 2006年07月31日 22:27
まさに、『まったり』て感じですね。さまたさんのらーめんもうまいですが、atさんもうまいこと言いますね(^^)
美味しいのに流行らない…
大葉茅郎さんが仰るとおり、立地条件がほんと悪いんでしょうね…これが、同志社の南なら…向かいが中学校じゃなくて高校なら…て感じでしょうか…
これだけの力量があるお店が閉店の危機とは… 京都でトップクラス(と思う)やのに… 何とか踏ん張ってほしいです!vamos!さまた!!
Posted by 村人 at 2006年08月01日 00:18
「7月いっぱい閉店??」情報で
8月はお客さまが来ないのではないかとちょっと不安です。

ラーメンが恋しくなる季節までなんとか漕ぎつけたらいいんですけど…。
なので、また足しげく通おうと思います。

女性の方は、水曜日のレディースセットにも注目です。
おいけらーめん(小)
ごはん(お新香)、鳥のから揚げと餃子、そしてチャーシュー入りのポテトサラダ!←これ絶品です☆
ポテサラは時々、一品にも登場しています。ホワイトボードに見つけたら是非どうぞ♪
Posted by おいなり at 2006年08月01日 12:34
「牛すじ」頂きました。今までにあまり感じたことの無い後味のするスープでした。

食後舌の上に、独特の甘ったるさがなかったのは無化調、エバミルクなどの影響でしょうか?隣の方(もちろん同行者)のおいけラーメンのスープを少しいただきましたが、見た目はほぼ一緒だったのに違う味に感じました。何故でしょう?

初めての来店でしたが作り手の奥深さを感じました。ただ、麺は私の好みとは少しずれておりました。次は坦々に挑戦したいですね。
Posted by yu2R at 2006年08月03日 17:56
おいなりさま
お店のその後の様子、もしよかったらお教えくださいね。
ポテトサラダが絶品とは、驚きました。
こんど食べてみよ。(^^♪

yu2Rさま
坦々麺、ほんと美味しかったです。ブログでも書きましたが「坦坦」に匹敵します。「坦坦」で並ぶくらいなら、ゆっくり寛げるこちらを断然お薦めしたいですね。
「下鴨坦坦」はまだ行ってないなぁ。これも、そのうち行かなくちゃ。
Posted by at_you_see at 2006年08月23日 02:23