2006年08月10日

亜喜英

亜喜英久しぶりの「亜喜英」さん訪問です。
夜も結構遅い時間でしたが、それなりにお客さんが出入りしておりました。ラーメン・唐揚げ・ライスというセットで780円という、ずば抜けたコストパフォーマンスも魅力の一つ。開業一年をまだ迎えない同店ですが、もうすっかり一乗寺の名店の仲間入りといった風格ですね。

久しぶりにいただいた「亜喜英」さんのスープ。
以前にも増して舌の上を転がる微粒子のような存在に気付きます。訪れた時間が夜遅いということもあるでしょうが、渾身に煮出させた豚骨・鶏骨の骨粉です。驚くべきは、普通底に沈殿する骨粉が、鉢中に漂っていたこと。よほど粘度の高いスープであるということと、骨粉が微細に砕かれ、比重が軽く沈殿に時間がかかっている様子が窺い知れます。

無骨に煮出されたスープは、ややもすれば単調で平板なものになりかねません。
そう陥らないのは、ただただ実直にスープを煮出しきろうとする姿勢によるところ。タレの妙や具材の色彩で注意をそらすのではなく、出汁そのものを如何に純度高く仕上げるか、ストイックなまでに追求する店主の気迫を感じざるを得ません。

圧倒されます。

というのも、店主の手の甲に刻まれた火傷の数々。苦闘の痕を目にしてしまったからです。このことはお店で店主にお声をかけるのも憚れるほど、壮絶なものでした。そこまでして創り出そうとされているもの。それが「亜喜英」のラーメンです。

以前と比べてさらに粘度を増し、濃厚を志向されています。いったいどこまで行くのだろう?

まだまだ「亜喜英」さんの挑戦は続くみたいです。


亜喜英 唐揚げp.s. もちろん「唐揚げ」もいただきました。ってか、この御仁に奢っていただきました。ありがとうございます。
いつも美味しさに気が取られてすっかり忘れる「カレー粉」の存在を、先日「高安」を訪れたことで印象深く記憶していたのですが、すっかりブログネタになっておりました。(^_^;)
ゴチソウサマデシタ。ロ(^O^ )


地図 

【2006年8月10日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50678307
この記事へのコメント
トラックバックおおきにでした!

またハシゴしましょ。あっ某店にTシャツとりにいかな..
Posted by ♂♀さとっちゃん♀♂ at 2006年08月17日 17:21
某店、楽しみにしています。(^^♪
Posted by at_you_see at 2006年08月23日 02:08