2006年08月08日

新福菜館 本店

新福菜館 本店京都を代表する老舗中の老舗。京都たかばし、「新福菜館」本店へ行ってきました。
またまたデジカメ不携帯...。(x_x;)
同行の知人のケータイを拝借...。

久しぶりに食べたのですが、相変わらずのドス黒い面構え。老舗のなかでも随一の個性であり、継承・追随のお店と比べても頂点に位置づけられる漆黒です。当然この黒さは濃口醤油から来るものですが、これが思いのほか辛くない。どう考えても醤油辛くて仕方のない色彩なのに、辛くない。「新福菜館」が老舗でありながら、今日まで第一線のお店として認められるには、この意外性によるところが少なからずあるからでしょう。

小さめの鉢にスレスレまで出汁を注ぎ、朱の蓮華が鉢に入って提供されます。こんな外見上の特徴もまた、伝統を感じさせます。

味付けとしては、豚骨の出汁をクリアに煮出し、かなりの砂糖でタレの醤油辛さを中和しております。言うまでもありませんが、旧来のスタイルですので、あの調味料もかなり入ります。個人的には、あそこまでベトベトした後味感には辟易する部分もありますが、現在においても京都において一、二を争うほどの杯数が出るお店であることは、まごうことない事実です。同行者も「美味しい美味しい」と貪り啜っておりました。(^_^;)

麺は低加水の近藤製麺。老舗の屋台骨を支える優れた麺です。この太く、もっちりとした食感は、ノスタルジーを噛み締めるかのよう。かつての京都を代表するこの麺も、考えてみれば今や少数派になりつつあります。この近藤製麺製の麺を、新規に出店されるお店で食べてみたいと常日頃思っていますが、なかなか実現しません。時代が変わったのでしょうかねぇ...。

並(600円)ではありますが、チャーシューは結構たくさん入っています。ただしメンマは入りません。メンマ好きなひとは、「竹入り」を注文しましょう。九条ネギはソリッドに全体を引き締めます。大量のもやしに覆われていますが、醤油系のラーメンにはこの水気の多い野菜のトッピングは、王道であると再認識させてくれました。

ちなみに焼豚の煮汁を用いる焼飯が絶品と聞き及んでいますが、まだ未食。今回も深夜の訪問でそちらのほうまでお腹が受け付けませんでした。残念。

お店HP 地図 

【2006年8月8日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50680061
この記事へのコメント
管理人様、皆様、こんにちは!

新福菜館、わたしもスキですっっ!(^o^)v
でも、本店はあんまり行けないんで、ちがうお店で食べてますケド・・・・。
Posted by Miki at 2006年08月19日 09:43
Mikiさま

こんにちは。ご高覧感謝です。(^^♪
いろいろ聞いたところによると、同じ「新福菜館」でも、ここはお店によってだいぶ趣きが変わるみたいですよ。まず麺屋さんからして違うみたいです。

そんな違いを見つけに、食べ歩いてみるのも面白いかもしれませんね。ぼくも、他に行ってみたい「新福」があります。
Posted by at_you_see at 2006年08月19日 17:42