2006年08月14日

華祥 黒胡麻だれ冷麺

華祥 黒胡麻だれ冷麺前回訪問時、となりのお客さんが召しあがっていた「黒胡麻だれ冷麺」(650円)。見るからに美味しそうだったので、固く再訪問を決意していましたが、今日ようやく赴くことが出来ました。
やっぱり「冷麺」はお昼の時間に食べるに限りますね。炎天下のなか、20分ほど自転車を走らせ「華祥」さんへ。「冷麺」を一番美味しくいただけるシチュエーションは整いました。

緑色が美しいワカメ麺に、特製の黒胡麻だれがかかります。この黒胡麻だれ、かなり甘い味付け。最近は黒胡麻を使ったスイーツも珍しくないから、それほど違和感はありません。ただし、凄い粘度。冷蔵庫の中でペットボトルに入れられて保管されていましたが、容器を傾け規定量を出し切るまで、それなりの時間を要する水飴のようなすごいとろみです。

面白いのは、麺とたれの間に「クラゲ」が入ります。中華料理ではよく使われる素材ですが、ラーメン店ではほとんど見たことがありません。中華出身の「華祥」さんならではですね。この素材、単に奇抜さを狙ったわけではないとお見受けします。甘いたれがややもすれば単調になりがちなところ、コリコリとした独特の歯応えによって、飽きがこないような効果を生んでいるわけです。「味」でなく、「食感」によって、ハンディキャップを克服する、職人の巧妙な技術を感じました。

その他の具材はきゅうりと白髪ねぎ。どちらも黒いたれとの相性が良く、しゃきしゃきとした歯ざわりも心地よいです。

垢抜けたデザインのお皿のチョイスも楽しいですね。(^^♪

ちなみに普通の冷麺もお店のメニューにはありますが、こちら「黒胡麻だれ冷麺」は年間を通じて食べることができるそうです。

地図 

【2006年8月14日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50680134
この記事へのコメント
どもです。
 華祥の黒ゴマ冷麺は、緑の麺に黒いタレで、混ぜ合わせたときのビジュアルは・・・なのですが、いやぁ、美味しいですよね。
 atさんも書いていらっしゃるとおり、クラゲがポイントと思います。
 焼き飯も、フウワリとした仕上がりで、絶品です。次回は是非どうぞ。
Posted by Archy at 2006年08月18日 09:59
いつもありがとうございます。

確かに華祥の大将の料理は、いろいろ食べてみたいと思います。
Posted by at_you_see at 2006年08月19日 17:51