2006年08月18日

麺屋五山 西院店

麺屋五山 赤西院駅からほど近く、四条通に面した場所に今月できた新店「麺屋五山」を訪れました。
すでに長岡京市に1号店があります。西大路四条の交差点から数メートルという好立地です。満を持しての市内進出です。

ラーメンには三種類あります。「赤gozan」がこってりでメンマ入り、「黒gozan」があっさりでもやし入り、「塩gozan」が塩ダレでゴマ入りだそうです。値段はそれぞれ650円。煮卵入りがプラス100円、チャーシューメンがプラス150円です。初訪ということもあり、メニューの一番最初に掲げられている「赤」をいただきました。

写真のビジュアルの通り、オーソドックな背脂系醤油ラーメン。タレの醤油は「熟成」と銘打つだけはあり、なかなか強い風味が漂っています。出汁は豚骨の比率が高そうです。適度の混ざった一味もまた、京都の伝統に倣ったスタイル。メンマはごくごく一般的な業務用的な感じ。チャーシューは、脂身もありますが、柔らかく仕上げられています。スープとの相性もよい。ネギはさすが、京都ラーメンの王道ともいえる九条ネギを使用されているみたいですね。

極細のストレート麺にもかかわらず、熱いスープに負けてしまって伸びることもありません。かん水臭さもありません。適度にスープを捕まえる、ほどよい食感です。厨房に目をやると、今や珍しい木箱に麺が納められており、乾燥を防ぐ目的で濡れ布巾で覆われていました。このあたりは「麺屋」を標榜するだけのことはあります。

ただし、デフォルトで多量に振りかけられる背脂がいけません。これがメニューにある「赤」である所以であれば、個人的な嗜好としては「黒」を注文すべきであったかもしれません。なにせ、しつこいに過ぎる。

肉質に上下があるならば、「背脂」にもそれは存在するのでしょうか?黒豚、高座豚などとブランド豚も存在するくらいですから、きっとあるんでしょう。こってり感を出すための背脂が、この一杯においては、ただただしつこくなって全体の風味を損なわせてしまっているのが残念でなりません。

京都ラーメンを表現することが先に立ってしまい、形から入ってしまった結果、この背脂が逆に仇となってしまった感があります。量が多いのか、質が劣るのか。はたまた、そもそも背脂は鶏がらの比率の高い、清湯系で醤油の強いタイプとの相性が抜群と理解していますが、おそらく豚骨の比重が多いスープには、ややアクが強く受け止めてしまいます。その点が改善されたならば、もうワンランク昇格するような気がするんだけどなぁ。

いい線は行ってるんですが、どうも押し寄せるような迫力は感じられません。この詰めの甘さが、チェーン店ゆえの弱点なのかも知れません。

地図 

【2006年8月18日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50690686