2006年08月20日

新福菜館 やきめし

新福菜館 本店 焼めし先日、たかばしの老舗「新福菜館」へ赴いたものの、一部で非常に評価の高い「やきめし」を食べることができなかったことが心残りだったのでしょう。本日、近くを訪れる機会があったので立ち寄ってみることにしてみました。
ラーメン店、しかもその老舗のお店で「やきめし」だけを注文するというのは、なんだか緊張するもんですね。(悟空さんで「全部ヌキ」を頼んでいる人間がなにをいうか、という感じですが、まぁあのときは酔っ払っていたもので...(^_^;) )
元気よく「やきめし」(500円)を注文しました。

チャーシューの煮汁をうまく活用した焼飯だと聞いていましたので、醤油のインパクトがグッとくるものを想像していました。その点についてはまさしくその通り。チャーシューの小片も随所に見受けられ、香ばしさと肉の旨味がおりなすハーモニーが、多くのファンを魅了するのも頷けます。

しかし焼飯というのは、パラパラとした食感になっているほうが、一般的な価値は高いとされています。そんなのは関係ない。美味しければそれで良い、という御仁もいらっしゃるでしょう。が、管理人個人は、そんな保守的な価値観の方に共感します。焼飯はパラパラすべきであると。そういう点において、この「新福菜館」のものは、残念ながら評価の俎上に上がるものではありません。確かに濃厚な醤油のテイストは、他店のそれと一線を画すオリジナリティがあり、それを好む人たちが多くいることも納得できます。この辺りは、個人的な嗜好の違い、ということで逃げたいですね...(^_^;)

新福菜館 本店 スープ「やきめし」には、スープがつきます。当然、ラーメンのスープそのものが。今回これをいただいて感じたのは、意外にラーメンをいただいたときに感じた化調のくどさを感じません。さっぱりとして、やきめしの油分を洗い流すかのように、とても美味しくいただけます。なるほど、スープそのものは、やっぱり美味しいんだって再確認したのでした。


お店HP 地図 

【2006年8月20日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50695274