2006年08月27日

福三 冷やしつけ麺

福三 つけ麺ライブに向けての衣装(Tシャツ)を頂きにボーカルのRiken(♂♀さとっちゃん♀♂)と訪問。未食であった「冷やしつけ麺」(650円)をいただきました。
実に美しい容姿を保っています。
麺は平打ちの太麺。昆布を練りこんであり、控え目ながら優しい味わい。チャーシューは福三ラーメンに使用されているものと同じだと思いますが、やや薄目にスライスされ、肉厚を楽しむのではなく、つけだれが充分に滲み込むような配慮がなされています。胡瓜がこれまた美しいですね。こんな手の込んだ切り方は、そうそうお目にかかれません。それが一杯650円の冷やしつけ麺に投入されるわけですから、「一鉢入魂」というお店のキャッチコピーも頷けます。自家製の支那竹もコリコリとしていて美味。

福三 つけ麺アップ白眉なのはつけだれ。写真ではやや茶色に濁った様子がみてとれますが、かなり濃縮された動物系の旨味を感じる代物。甘味もたっぷりで、麺に絡む様が食欲を掻き立てます。その絡み方や、麺を食べ終わる頃には、たれも底をつくくらい。福三のことですから、このつけだれの中にも相当いろんなものが入っているんでしょう。が、それに考えを巡らす余裕がないくらい、無我夢中で麺を口に運んでいたことに完食後気付かされます。甘味がやや強いたれですので、麺といっしょに和えられたレモンを搾って、清涼感を出すのもよいでしょう。

一つ難があるとすれば、量がやや少ないということでしょうか...(^^ゞ
僕がお腹が減っていたのもあるでしょうが、まだ食べたい!と思わせる一品であったことは間違いありません。有名な鯖寿司や新しくお目見えの「チキンサムセット」、巻き寿司や「豚菜どんぶり」といっしょに食べたいですね。

福三 新味鯛出汁そば福三 新味鯛出汁そば柚子胡椒と思っていたところ、さとっちゃんと二人でということで限定の「新味鯛出汁そば」を二人でいただくことになりました。
はじめていただいた時の感想はコチラをご覧いただければと思います。今回目を引いたのが、柚子胡椒。化調に頼らず、素材の旨味を抽出するだけではいまひとつパンチに欠け、ぼやけた感があったのは否めないですが、この薬味を用いることによって、キリリと引き締まり、相対的に出汁の旨味が引き立ってきます。魚系の出汁には、その輪郭を際立たせる薬味の存在が必要であると再認識させられましたが、香辛料と柑橘系の双方の爽快感を併せ持つ柚子胡椒をもってこられたのは、さすがですね。美味しかったです。m(__)m

地図 お店HP

【2006年8月27日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50714922