2006年09月07日

大栄ラーメン 山かけラーメン @久留米

大栄ラーメン@久留米 山かけラーメン久留米市の中央を東西に貫く「明治通り」はJR久留米と西鉄久留米を結ぶメインストリート。そのちょうど中間に位置するところに複数の飲食店やFM局のスタジオ、イベントスペースからなる施設「六角堂広場」があります。その中に「大栄ラーメン」はあります。
大栄ラーメン 外観1大栄ラーメン 外観2この「六角堂」という名称はもともと同地にあったシンボルで、京都の六角堂に倣って呼称されていたようです。「大栄」という今回訪問したお店も含めて、京都と無縁な気がしなくもないです。

さてこの新しい商業施設「六角堂広場」に入居した「大栄ラーメン」。実は結構な老舗なんです。旧店舗があまりにも老朽化していたため、今回の新施設に移転されたそうです。
このお店には、昔から独特の名物メニューがあります。それが「山かけラーメン」(550円)。ラーメンにすりおろした山芋がトッピングされているものだそうです。個人的には、山芋、オクラ、ジュンサイなどのヌルヌル系は好きなクチなので、期待を胸に注文しました。

久留米六角堂広場スープはかなり熱い。熱せられたラードが表面を覆っています。麺は九州のものとしては太めのものですね。ネギは辛味が強いです。さて、意外にいけるのでは、と期待した「山芋」ですが、う〜ん、微妙...というのが実感です。アイディアとしては、ラーメンのトッピングにとろみのある具材をもってくるのは面白いと思います。が、あまりにも「素」の状態の山芋のすりおろしは、豚骨のスープとも絡まず、それぞれが別種の甘味を湛えているので、なんだか「ちぐはぐ」な印象しか受けません。醤油ダレをからますとか、ウズラの黄身を添えるとか、もう一工夫ないと、今の時代のラーメンとしては通用しないのかなぁというのが、正直な感想です。

でも、久留米を代表する老舗が、ずっと昔からこんなアヴァンギャルドな試みをして名物メニューに育て上げていたという事実は、やはり驚きなのです。

地図 お店HP

【2006年9月7日訪問】

p.s. 「満州屋が一番」の本店も久留米にあるのですが、訪問したものの、残念ながら改装中ということで営業されていなかったみたいです。残念...。このあと、一路博多へ向かいます。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50715296