2006年09月07日

八っちゃんラーメン @博多

八っちゃんラーメン@博多博多へ移動し、まず訪れたのが「八ちゃん」。老舗です。西鉄及び地下鉄「薬院駅」から歩いてすぐです。
あの一風堂の河原成美氏が自分がラーメン屋になるきっかけともなったお店と言って憚らないお店だそうです。

写真の通り、なんとも異形なルックス。刻まれたネギが認められるほかは、なんとも茶褐色に濁った液体しかわかりません。美しく見せるとか、ボリュームを提供するとか、そういった一般的な価値観とは対極にあります。

この「八ちゃん」は、大宰府にあるお店とともに「濃い」というのが評判。ドロドロというほどではありませんが、表面には乳化が進んだ気泡が見て取れますし、コラーゲンが固まりつつある膜もかかってきます。

麺は超極細。まるで素麺くらいの細さです。何も言わなくても固めで揚げられてきますが、この固めの麺に、油分を含んだ出汁が纏わりついてくるのが、九州ラーメン定番の美味しさです。

デフォルトで結構な量の胡椒がかけられています。褐色に見えるスープですが、これは強い醤油ダレのおかげ。具はネギとチャーシューのみ。そのチャーシューは、冷蔵庫で保管されていたせいか、固かったです。

席はカウンターのみ10席ほど。ほとんど地元の人で観光客っぽい人は皆無でした。どうも一般的なガイドブックとかには取材拒否されているみたいです。今回はラーメン(550円)のみをいただきましたが、餃子や焼き飯もラーメンに劣らずの評判だそうです。

地図 

【2006年9月7日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50728143