2006年11月05日

Parade ぶひぶひ焼TONKOTSUスペシャル 〜H.B. Lin21〜

Parade ぶひぶひ焼TONKOTSUスペシャル 〜H.B. Lin21〜この日、「Parade」さんは、はじめてとなる限定メニューに挑戦したのですが...
結論から申し上げると、大失敗の一杯です。

スープが焦げてました。しかも、ある御仁に指摘されたにもかかわらず、その後も提供し続けたという失態を犯しています。

ラーメンそのものについて言えば、いつもの鶏肉ではなくチャーシューを用い、海苔と煮卵、アオネギを合わせ、麺を揚げたトッピングを添えるなど、通常のラーメンとは随分相違点のはっきりとした「限定」らしい一杯でした。願わくば、ぜひちゃんとした状態のものを食べてみたかった。

この一件について、いろんなところでの議論を垣間見ました。

特にmixi内の実食した方々の日記、そして同店コミュでは、店主も閲覧しているという前提にもかかわらず、相当突っ込んだ指摘、辛辣な意見が数多く寄せられています。ただし、これらは、匿名を傘に着た誹謗中傷ではなく、言うべきことは言う、しかるべき批判です。

この致命的な一件で、店主が落胆するのではと心配しましたが、ぐっと歯を食いしばり、各方面からの叱咤激励を一身に受け止めていました。後ろ向きになることなく、これからはどうしたらよいのか、真剣に向き合おうとしていた姿が印象的です。

僕如きがしゃしゃり出て、どうせよこうせよ言うのはおこがましく、できることといえば、影ながら応援するくらいですが、その節目節目には同店を訪れ、成長の軌跡をつぶさに伝える「メディア」であろうと思います。

ちなみに今回の限定の一杯。副題にもありますが、実は同店の若い常連客のバースディを祝おうという一杯だったそうです。曰く「豚骨の濃い〜のが食べてみたい」という声に、店主が意気込んで挑戦したと伺いました。

そんなエピソードが、いかにもParadeらしいなぁと思うのです。

地図 お店HP

【2006年11月12日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50761503