2006年11月15日

移動屋台 のんき亭

移動屋台 のんき亭 中華そば帰宅途中、移動屋台を発見。声を掛けると、止まってくれはります。お願いして、一杯つくっていただきました。
移動屋台 のんき亭場所は五条西洞院を下がった辺り。北へ向かわれていました。
屋号は「のんき亭」というそうで、河原町正面から流してこられたとか。

かれこれ30年近く営んでいらっしゃるそうです。
しかしながら、最近も自転車で琵琶湖を一周するくらいの健脚。すごいです。(@_@;)

昔ながらの中華そば(550円)は、鶏がらの出汁に醤油の香りが芳しい。チャーシューもやや固く閉まったレトロなスタイルながら、如何にも「肉」っていう味が滲み出てきて好感。

限られた空間、最小限の設備で作り出された中華そば。その手際の良さを目の当たりにするのも、屋台の醍醐味です。

地図(遭遇場所) 

【2006年11月15日遭遇】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50764646
この記事へのコメント
どもです
 屋台といえば、先日常盤の屋台へ行きました。
 場所はここです。中信(だったかな?)の前で営業しています。
 http://map.livedoor.com/map/scroll?MAP=E135.41.59.8N35.1.3.7&ZM=12
 背脂の浮かばない、京都で普通のタイプの醤油ラーメンでした。
 これからの寒い季節には良いかと思います。
Posted by Archy at 2006年11月26日 22:34
>Archyさま
いったい京都には、屋台の営業はいくつあるんだろう。
そんなにたくさんはない気がしますが...
Posted by at_you_see at 2006年12月06日 01:36
 う〜ん・・・流している屋台はわからないですよね。
 河原町界隈だと、河原町三条に1軒と、藤井大丸の辺りに1軒でしょうか?
 出町柳の屋台は今でもあるのかな?
 昔はわら天神の近くにも1軒あったような。
Posted by Archy at 2006年12月06日 21:01