2006年11月28日

ラーメン荘 夢を語れ

ラーメン荘「夢を語れ」3回目の訪問。「ラーメン(小」、呪文は「ヤサイマシ、カラメ」。
当初、出汁の取り方が甘いという批判が一部でありましたが、正鵠を得ています。それも随分修整されました。だいぶポテンシャルのある状態へ持っていかれてきたところは、さすがマルジでも評価の高い西新井店を一手に担っていた店主の実力です。

およそ他では見ることがなかろう、厚く切られた、ややボソボソ感のある自家製麺は、ニンニクやら醤油やら豚骨やら、なにやら得体の知れぬ出汁をふんだんに吸っています。当初経験したことの無いこの麺にただただ面食らったというのが実際だったけど、今はすっかり慣れ、これはこれでとても魅力的な麺であると思っている自分がいることに後で気がつかされます。それだけ、このお店のラーメンは、直面する者の思考を止めるほど、圧倒的なのです。ワシワシと箸につままれて口に運ばれていくのが宿命であることが潔い。

地図 

【2006年11月28日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50775196
この記事へのコメント
本日はじめていただきました。
はしごの二軒目であったにもかかわらず、食べれてしまったのは、自分の胃袋のデカさ以上に、食わせるだけのものがあるということだと感じました。
ちょっと通ってしまいたくなりました。

ちなみに呪文は「アブラヌキ、ヤサイマシ」
このヤサイがスープとあって、美味しかったです。
Posted by 赤ちゃり at 2007年03月24日 23:43