2006年12月17日

福三 煮干し中華そば

福三 煮干し中華そば福三では新メニュー「煮干し中華そば」が登場しました。
和食の職人だった大将が、かつては使い慣れた食材をどうラーメンに活かされたのか。非常に興味と期待をもって訪問しました。

一口いただいて、ガツーンときました。煮干しの風味が本当にストレートに伝わってきます。こりゃうまい。(^^*)♪

「煮干し」といえば、魚そのものの、男らしく猛々しい風味を彷彿としますが、実に柔らかい丸みのある風味であったのが、意外なところ。それでいながら、ストレートに伝わる強さも併せ持っている、不思議な感覚に包まれました。大将のお人柄を感じる優しい味わいに身を委ね、まさしく夢心地。

福三 トッピング煮たまご出汁そのものは、鶏がらや豚骨、数種の節、昆布で取られた奥行きのあるスープであり、醤油ダレによって、煮干のインパクトが引き出されているそうです。なるほど、力強い醤油ダレと相まって、大きなチャーシューも良い出来です。京都では珍しいナルトが添えられております。麺も珍しい太い平打ち麺。14番手ということですが、そこまで太いようには感じませんでした。が、なかなかしっとりと出汁を掬って、相性のよい、上品な中華そばです。今日は煮卵を入れてもらいました(100円)。これが絶妙の湯で加減。黄身の状態と同じように、とろけそうです。

豚菜どんぶり(小)豚菜どんぶり(小)。通常300円。ラーメンとのセットだと100円引き、つまりプラス200円でいただくことができます。

福三 (試作)つけめんさてこちらは来年お目見え予定のつけめん。まだまだ試作品の段階ですが、福三では珍しいかなり太さのある麺を使用。なんでも、つけめんをいただいた後の出汁で雑炊が供され、デザートもつくというコースを構想中とのこと。これもまた楽しみです。(*^v^*)


【2006年12月17日訪問】

■■■ お店DATA ■■■
福三
所在地 : 京都市北区紫竹栗栖町15 朝倉ビル1F / Tel. 075-493-3088
営業時間 : 11:30〜15:00 / 17:00〜22:00(日祝は21:00)
お店HP

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50793051