2007年01月10日

銀閣寺とら蔵 とら蔵らぁめん

銀閣寺とら蔵 とら蔵らぁめん12月1日にオープン。円町の交差点南西角、西入南側。かつて「よってこやむつみ屋」のあった場所に出店です。
ラーメンは二種類。「らぁめん」(590円)は 「鶏がらしょう油味」で、「とら蔵らぁめん」(590円)は「ピリ辛みそ味」だそうです。初訪ということもあり、屋号冠した方を注文しました。

ちなみに「とら蔵」は「とらくら」ではありません。「とらぞう」と読みます。(^_^;)

鶏ベースのスープが器になみなみと注がれたその様子は、間違いなく某老舗を思い起こさせます。異なるのは味噌ラーメンであることと、一味の辛さが引き立っているということ。こってり感たっぷりですが、出汁に由来するというよりは、脂に頼った雰囲気です。ただ、油っこくて食傷を引き起こすというほどではありません。若い人には受けのよいスープでしょう。

麺が特徴的でした。かなり細いストレート麺ですが、多加水で角断面。熱いスープながら、伸びにくく、歯応えも十分で面白い。小さな斑点が見受けられることから、昨年流行った「全粒粉」を採用されているのかもしれません。あまり見たことがない麺であることは明白。店内壁面の能書きにも麺について記されていましたが、やはりこだわりの麺なのでしょう。ただ、見慣れない、馴染みがないということは、あえて「銀閣寺」と冠するように、老舗を髣髴とさせる経営方針(狙い)とは矛盾します。その辺りは、理解に苦しみます...(>_<)

チャーシューはバラ肉。脂身が多く、個人的には×。ネギはもう少したくさん入っていてほしいなぁ。

銀閣寺とら蔵 餃子餃子のセットで、800円。ちょっと焦げがねぇ。それと、もう少しちゃんと盛り付けて持ってきて欲しかった...。写真はこれでも応急処置を施した姿です。(-_-;)

訪問した8時ごろは、ひっきりなしにお客さんが入ってきはります。結構流行っているみたいですね。場所柄立命館や花園の学生さんが多いのでしょう。味的にも若い人向けにまとめていることもさることながら、600円を下回る価格設定もまた魅力的なのでしょう。いかにも「ラーメン店です!」という主張のある外観も貢献していますね。

【2007年1月10日訪問】

■■■ お店DATA ■■■
銀閣寺とら蔵 円町店
所在地 : 京都市中京区西ノ京円町 / Tel. 075-467-3191
営業時間 : 11:00〜23:00

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50799615
この記事へのコメント
「よってこや」ではなく「むつみ屋」では?

SATY系列にも「とら蔵」がありますが、関係無さそうですね。
Posted by 石田 at 2007年01月11日 19:16
>石田様
ご指摘ありがとうございます。訂正しました。
でも、なんで間違えたんだろ!? 理解はしていましたが、完全に書く段階になってポカをしています。恥ずかしい。(−−〆)
Posted by at_you_see at 2007年01月11日 23:36