2007年02月01日

信濃神麺烈士洵名 つけめん無双

信濃神麺烈士洵名 つけめん無双2月1日、京都ラーメン小路でのオープン初日に訪れました。信州にある「笑楽亭グループ」という会社の一ブランドのようで、この屋号のお店は東京にあるらしい。ちなみに「れっしじゅんめい」と読みます。
ラーメンにするか、つけめんにするか迷います。店舗の外に掲げられた写真付きのメニューでは、「つけめん」の方が大きく写されていましたし、食券機にも「おすすめ」とコメントが貼ってありましたので、「つけめん無双」(800円)を食べてみることにしました。

メニューの裏側に書かれた説明によると、「動物系」「魚系」「昆布系」によるトリプルスープとのこと。しかも、「動物系」数種類の「鶏がら」「豚がら」が使われ、「魚系」に至っては、「カマス干し」「イリコ」など6種類、昆布は羅臼昆布を使用とあります。これだけ入っても、それぞれの要素などわかるわけもないと、素材に意識は傾けず、提供されたスープを素直に味わうことに集中しました。

なるほど、獣骨系の風味もしっかりと表現されていながら、ファーストインプレッションは、その色彩によるところからも、「和」の風味を存分に感じることができます。濃度を追求した類いのスープではないので、ありがちなエグミも感じられません。なかなかよくできたスープです。薬味のネギは、熱を加えられてからトッピングされたと思われ、ほんのりと甘さも湛えており、節系の香りが強い出汁の中にあって、薬味の役割を如何なく発揮していました。チャーシューは、やや脂身が多く、個人的な嗜好からは外れますが、長細い形状など、なかなか非凡なつくりです。海苔の上にのるは、魚粉。これが麺を入れるたびにスープに混ざり、舌の慣れと平行して、徐々に風味が強まる効果を生み出しています。ただ海苔の盛り付けが、もう少しどうにかならないものか...。

一方、麺もあまり見かけないタイプです。おそらく地元の製麺屋さんから取り寄せられているのでしょう。もちもちとした食感が、穀物としての小麦の魅力をうまく引き出しています。さすが蕎麦所の麺と言えるでしょう。ちょっと残念なのは、茹で加減によるところなのか、表面にネチネチ感があり、折角の歯応えを損なっている印象を受けました。あと、量が些か少ないかな...。

信濃神麺烈士洵名 スープ割り信濃神麺烈士洵名 卵卵にはなにやら焼印が認められます。○竹を思い出しました。味覚に与える影響は皆無でしょうが、「オサレ」な印象は与えることができるでしょうね。
つけめんなので、「スープ割り」ができます。メニューには記載がありませんでしたが、お願いすると、熱々に温められた器にて提供されました。同行者が頼んだ、普通のラーメンの出汁と同じもののようです。もちろんタレは入っていないので、淡白な味ですが、ほんのりと香る和出汁の印象がいいですね。濃い目の出汁をスープ割で容易く飲み干せる。快感です。

信濃神麺烈士洵名 豚玉飯こちらは「豚玉飯」(350円)。ちょっとお高いですが、駅テナントなのでしょうがないでしょうか。チャーシューの切れ端と卵ですが、タレの塩梅がよく、しつこすぎず、美味しくいただけました。

もともと、それほど期待感を持たなかったことが、翻って好印象に繋がった部分もあります。しかし、そのことを差し引いても、かなりの実力を持ったお店とお見受けしました。特に和出汁を使い方は、最近の流行をしっかり捉えており、巧みです。

京都ラーメン小路のプロデュースサイドが、最近の「高倉二条」の成功を認識して、このお店を誘致されたのなら、相当に鋭いセンスをお持ちだと思います。

【2007年2月1日訪問】

■■■ お店DATA ■■■
京都ラーメン小路
所在地 : 京都駅ビル10階 / Tel. 075-361-4401(京都駅ビルインフォメーション)
営業時間 : 11:00〜22:00
定休日 : 無休
お店HP

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50815632
この記事へのコメント
こんなお店が入っていたんですね〜。
和出汁の効いたお店となると、最近油ものが苦手な人間には嬉しいかぎりです。

京都駅は近いので、食べに行こうと思います。
Posted by 赤ちゃり at 2007年02月03日 23:13
>赤ちゃりさま

訪問の価値あり。ぜひ一度行ってみてください。
Posted by at_you_see at 2007年02月05日 03:36
行ってきました。つけめん(大)900円也。
(ラーメン小路でなければ800円かな?)
魚系で、東京のつけめんって感じでよかったですね。
スープ割りもOK。うまかったですわ。
魚粉、イラネと思うくらい魚の香りが出て、
それでも決してくさくはない。
大でもペロリです。
しゃかりき、高倉二条はすでに有名ですが、
希望軒のピリカつけめんなど、つけめんのおいしい店が増えてますね。
Posted by だいぼん at 2007年02月07日 18:31
>だいぼんさま
関西における「つけ麺」の認知は、本当に今まさに広く受け入れられはじめている、という状況ですね。ラーメンフリークの中には、「つけ麺」は興味の範疇外、という人もいますが、もうそんなことも言ってられないくらい、重要なメニューです。

京都においては、その地位を向上させたという意味において、「しゃかりき」そして「テイガク」さんの功績が絶大であると考えています。

他の既存店でも、試みられるお店が出てくると思います。既に創作意欲の高い、技術を持ったお店は、いろいろと試行錯誤を重ねられていますね。今後非常に楽しみです♪
Posted by at_you_see at 2007年02月13日 01:10