2007年02月08日

ととち丸 醤油(こってり)

ととち丸 しょうゆラーメン(こってり)友人二人を伴って来店。久しぶりに定番の醤油(こってり)を3人で注文です。
ととち丸 しょうゆラーメン(こってり)お腹が減っていたのでチャーハンセット(880円)。焼き飯も餃子もクオリティ高いです。
同行の友人(学生)は大食漢。このセットを食べながら、余程気に入ったのか、「替え玉」と注文いたしておりました。無論、「ととち丸」さんには「替え玉」のメニューはありません。店主の計らいによって、特別にご提供いただきました。ありがとうございます。


久しぶりに食べた「こってり」。おいしかったなぁ。

まず麺がやや細くなりました。以前のやや番手の低い麺はワシワシ掴んで食べていくタイプであったのに対し、現在のものは、ストレートで、ズルズル啜って美味しくいただけるようなタイプです。

また、ここしばらく、スープの濃度を上げてきているそうです。「ととち丸」の店主曰く、濃度があるほうが完食率が高いとのこと。

そこで思い出されたのが先日訪れた「軍団」。一方では濃く、つまり関西においては往々にして粘度を高めるという意味において用いますが、その方がスープを最後まで飲み干されるといい、一方では、粘度を下げたほうが、その率が上がるという。

客層も、ラーメンの個性も違うので、一概に断ずることはできませんが、それぞれのお店でお客さんの反応が違うものなのだなぁと興味深くお話を伺いました。

あくまでも私見でしか過ぎませんが、粘度が高いほうが、最後まで飲み干したいという衝動が強くなる傾向があります。つまり、麺を浸し、味を滲み込ませるスープより、スープそのものがラーメンの主役であり、そのスープを食べるために訪れているといっても過言ではない存在感のあるスープのほうが、確実に最後まで飲み干しています。例えば、平易なところで、天下一品や無鉄砲がそうでしょう。スープが残っていると、余程お腹がいっぱいでない限り、「勿体ない」と感じてしまうくらいです。

スープの残り具合からも、店主はいろいろ感じ取っているものなのですね。

【2007年2月8日訪問】

■■■ お店DATA ■■■
ととち丸
所在地 : 滋賀県大津市大江6丁目30-18 / Tel. 075-548-9112
営業時間 : 11:30〜13:30 / 17:30〜22:45
定休日 : 月曜不定休

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50822554
この記事へのコメント
こんばんわ。

私も、ととち丸さんによく行きますが、2月に入ってから、スープが濃くなったなぁと感じました。

スープの残り具合をチェックされているとは!!
(私はスープを毎回全部飲み干してしまいます。)

あっネギも変わりましたよね。
Posted by MSA at 2007年03月02日 20:59
どもです。
 ラーメン好きの若い者2名と一緒に行きました。片方はととち丸さんは初めてだったので事前に「一言では説明できない場所」と説明(?)しておいたのですが、やはり住宅街の中に忽然と現れる立地には驚いていました(笑)。
 若いもの2名とも焼き飯セットを焼き飯大にしてガンガン食べていました。ラーメンも焼き飯も非常に好評でした。
 私はアッサリ醤油を頂戴しました。当然スープまで完食です!やはり無化調スープは、最後まで飲めますよね。
 あぁ、魚のラーメンになかなかめぐり合わせられないのが残念です・・・
Posted by Archy at 2007年03月14日 22:55