2007年02月15日

t_cognac氏自作麺 & 天下一品 お持ち帰り

天下一品 お持ち帰り京都自作ラーメンの雄、t_cognac氏から自作麺をいただきました。
自宅でラーメンを作れるほど器用ではないので、どのようにしてこの麺をいただこうかと思案した結果、近所の「天下一品」からお持ち帰りを一食分購入し、今回のスープとさせていただきました。

天下一品 お持ち帰り(中味)実は「天下一品」のお持ち帰りを食べるのははじめてです。持ち帰り用のスープやタレはパックされた袋入り。一方、チャーシューやネギ、麺はお店で使われるものがその場でビニール袋に入れられて提供されます。ちょっと驚きました。


t_cognac氏の麺と天一の麺天一の麺は、表面の白さが目立つほどで、他の製麺所の麺と比べても、個性的に感じます。t_cognac氏による麺は、ブランド小麦「ハルユタカ」を使用したもので、やや縮れており、打ち粉が塗されたままで、否応にも手作り感が伝わってきます。

t_cognac氏の麺天一の麺まずは、「天下一品」の麺で一食。当たり前といえばそうかも知れませんが、お店と同じ味がこの見慣れた部屋の風景の中で味わえるというのは、なんとも妙な感覚。ちょっと心が躍ります。実にスープと調和した角断面の麺は、プツリプツリと歯切れがよく、しかもこってりとスープを纏うと艶やかに光り、あでやかさを感じるほどです。
次にt_cognac氏の麺を試食。噛むほどに小麦の甘味を感じるふくよかな風味があり、素材の良さと製法の精緻さを感じる上質の麺であることは間違いありません。麺の性格上仕方ありませんが、これだけの潜在力がある麺を、天一のスープに絡めて食べると、あまりもの迫力に圧倒されることは必至。麺2食分ということもあり、お腹もいっぱいです。

麺とのTPOを考えると、醤油のキリッと効いたラーメンか、塩ラーメンで味わいたかったかもしれませんね。

【2007年2月15日実食】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50837758