2007年02月22日

○竹食堂 牛そば

○竹食堂 牛そば一乗寺へ移転した「新座」、その後に「新福菜館」が営業していた場所に、今や京都を代表する人気店となった「麺屋○竹」が支店をオープンさせました。その名も「○竹食堂」です。
屋号を変えたということは、お店そのもののコンセプトを変えて臨んでおられるはず。メニューそのものも「麺屋○竹」とは異なり、表ののぼりや店内のメニューに「名物」と冠して「牛そば」(750円)が掲げられています。

なるほど、チャーシューではなく、炒めた牛肉。そして大量のもやし。一般的なラーメンとは、随分趣きが異なってますね。
短冊に切られた青ネギと細く輪切りにされた白ネギ。壬生菜のような葉菜。
店内大きな製麺機がでんと置かれていましたが、ぷりぷりとした歯応えがよいです。やや黄色に染まっているので、卵麺かもしれません。また荒挽きの胡椒が効いている。黄色い小さな粒が認められたのですが、何かはわかりません。味覚的な影響はありまりないですので、彩りを考えて加えられているものかもしれません。

醤油でまとめられたその出汁は、おそらく豚骨がベースだと思われますが、「牛そば」の名前の通り牛の骨か肉による出汁も入っているかもしれない。いずれにせよ出汁そのものは濃厚には取ることを志向しているスープではありません。調味料の味をよく感じます...。

ワシワシと喰らうことのできる具だくさんのラーメン。意外に最近の潮流を意識されて作り出されたものかも知れませんね。

○竹食堂 餃子餃子はラーメン店では珍しく水餃子。冷凍物でしたが、プリプリ感も豊富でなかなか美味しい。タレも小気味よく、付け合せに出される太いもやしもタレにつけて食べましょう。
【2007年2月22日訪問】

■■■ お店DATA ■■■
○竹食堂
所在地 : 京都市上京区山里町
営業時間 : 11:00〜21:00
定休日 : 月曜

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50915707