2007年03月14日

麺屋 七福神

七福神四条大宮にあるお店に2号店ができました。場所は堀川御池北東角です。
この場所はかつて低価格で席巻した「びっくりラーメン」や、その後「讃岐うどん」のお店があったところです。今回再びラーメン店が開業しました。といっても、経営母体は同じなのですが...。

ラーメンそのものはオーソドックスな京都の背脂醤油系のラーメン。以前食べた四条大宮のお店が「杉千代」ちっくだった印象でしたが、今回はそれほど共通点を見出せるほどではありません。光の加減もありますが、出汁の色からして違いましたし、海苔も入らなくなりましたね。七味も目立つほどは入っていません。

味に関しては、それなりに京都の伝統的なタイプをうまく表現されていると思いますし、これが熟練の職人がいなくても供給できるのであれば、それはそれでたいしたものだと思います。じんわりとした醤油の旨味が気に入りました。

七福神 チャーシューめし「チャーシューめし」はかなりの出来。四条大宮のお店でも食べてましたね(^^ゞ マヨネーズを自分でかけるようになっていますが、ボリュームもあってなかなか充実したメニューです。

しかしながら苦言を呈しておかねばならないことがあります。

同店に滞在中、お客は僕ともう一人くらいしかいませんでしたが、お店に立ち寄ったと思われるスーパーバイザーとおぼしき人物が、従業員に怒声を浴びせています。なにやら従業員のシフトのことについて、厨房にいるスタッフを叱責している模様。確かに、お店の経営のことには、厳しくならざる得ない場面はあるでしょう。しかし、ゆっくり食事をしている客のすぐ傍で、執拗に従業員が怒鳴られている様を見るのは心地のよいのものではありません。しかもそのお店の経営層に位置するような人が顧客の横で煙草をふかしながら、というのもいかがなものでしょうか。

このような調子だと、180円ラーメン、うどん屋と同じ道を歩んでしまうことは、間違いないでしょう。

一介の一ブログが「苦言」とは甚だ思い上がった書きようですが、あくまでも自分が経験したことなので、綴っておきます。お店の厨房にいらっしゃる従業員の方は、一見したところ非常に真面目な印象を受け、以前のうどん店のときからも頑張っておられましたから、僕は同情的です。彼らがもっと生き生きと働ける環境が整ったらなぁと願います。

ラーメンそのものには、大きな落ち度はないだけに、勿体無いですね。

【2007年3月14日訪問】

■■■ お店DATA ■■■
麺屋 七福神
所在地 : 京都市中京区押堀町45

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50926117