2007年03月23日

ラーメン横綱

ラーメン横綱このお店もチェーン店としては京都を代表するお店です。
訪れたのは五条店。会社沿革によると創業の吉祥院に次ぐ二店舗のお店なんですね。
お店は活気に満ちており、お客さんも次々と入ってきます。

天一に代表される鶏がらこってり系でもなく、ますたにを祖とする鶏がら背脂系とも異なり、強いて言えば第一旭の豚骨醤油系に近いのかもしれませんが、他のチェーンと比べると抜きん出た個性を持ち合わせていないのが、横綱のウィークポイントかも知れません。が、安定して美味しいし、庶民的で親しみのあるイメージを持っています。ずば抜けた特徴はないけれど、それなりに安心して食べられる日常のラーメン。そんなところが、末永く支持されているところかも知れません。

「ラーメン並」(590円)と「餃子」(190円)をいただきました。

かつて好印象を抱いていたことは事実です。が、流石にいろんなラーメンを食べ歩いている現在の味覚からみると、出汁も想像していたよりもシャバく感じたのが正直なところ。メンマも如何にも「業務用」を感じるものでしたが、この値段を考えると仕方ないでしょうか。肩か腕のチャーシューは薄くスライスされ、旨味を湛えた出汁に滲みて美味しいです。

ラーメン横綱 餃子ラーメン横綱 ネギ昔は金笊に盛られていたネギ。今はこんな容器に入っているんですね。衛生面やら乾燥やらを考慮してのことだろうけど、往時の豪快さを考えると、ややせせこましい印象を感じ、ちょっと寂しい。大きなチェーン店になったんだから仕方ないのかなぁ。餃子190円はお安いですね。

しかしほとんどのお店で午前5時まで営業されているのには頭が下がります。

【2007年3月23日訪問】

■■■ お店DATA ■■■
ラーメン横綱
お店HP

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50929889