2007年05月03日

桃花春

桃花春福王子の交差点から周山街道をしばらく行ったところにこのお店はあります。
開店当初(2005年12月)に訪れたことがありますが、当時体調が悪く、ちゃんと味わえなかったという憂目を見ています。常に再訪を決めていましたが、ようやく実現に至った次第です。

ラーメンそのものは、チャーシュー、ネギ、メンマという具材と豚骨醤油系のラーメンで、実にシンプルな面持ちです。が、非常に美味しい。まさに旨味の凝縮といわんばかり、パンチの利いた旨味充溢です。

これだけオーソドックスなルックスなのに、この圧倒感はどこのラーメンに似ているのだろう…と思案していましたが、あの老舗「ますたに」さんかも知れません。背脂こそないものの、スープのまろやかさや醤油の塩梅など、なんとなく正統派の京都ラーメンを想起する上で、似た傾向を感じます。

桃花春 チャーシューメンこちら、同行者が食べたチャーシューメン。圧巻のチャーシューの量だったので、記念に撮影。ご紹介がてら、アップしておきます。


中華料理出身の店主の作るチャーハンや唐揚げのサイドメニューも充実しているとのこと。今度はお腹を空かせて、いろいろ楽しみに伺いたいと思います。

【2007年5月1日訪問】

■■■ お店DATA ■■■
桃花春
所在地 : 京都市右京区鳴滝蓮池町12-6 / Tel. 075-465-3182
営業時間 : 11:00〜22:00
定休日 : 火曜

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50992990