2007年05月24日

樂樂樂 背油しょうゆラーメン

樂樂樂 背油入りしょうゆラーメン4月18日以来の二回目の訪問です。
はじめて訪れた前回は、おそらくこのお店の看板メニューであろう「とろうまラーメン」をいただきました。今回はもうひとつのラーメン、「背油入りしょうゆラーメン」を注文しました。

期待していなかったといったら失礼ですが、醤油の旨味を存分に感じる、なかなか美味しい一杯でした。炙られたチャーシューも小気味よく、麺も非常にスープとマッチしています。メニューの先頭に大きく「とろうま」が掲げられている通り、このお店の主役はやはり白濁した豚骨スープのそちらなんでしょうが、個人的にはこの醤油ラーメンの方が、よくまとまっている印象を受け、好感をもちました。

このお店へ行ける方で、「とろうま」しか食べたことがない方には、ぜひこちらも試してほしいと思います。


ところで、メニュー名にある「背油」は間違いで正しくは「背脂」です。以前、他のラーメン店でも「背油」と記載されていたことを指摘したことがありましたが、やはり「背脂」と書いていただきたい。これは慣例的な意味で申しているのではありません。辞書を引けば明らかですが、常温で液体のものが「油」、一方固体のものを「脂」と記述します。したがって、京都の伝統的なラーメンに見られるその背脂は、やはり「脂」でないといけません。鶏油やマー油などの香味油が「油」なのです。

字か異なるということは、その字が成立する仮定が異なり、そもそもの意味が異なることに相違ありません。その違いに敏感であることは、ひいてはお店で提供される商品にも、繊細でいられるかどうか、ということに関わってきます。

この文章が店主はじめ、お店の関係者の目に触れる機会があるのかわかりませんが、もしその機会に恵まれたのであれば、ぜひご一考を願いたいと思います。

些末なことをつらつらと書いてしまいましたが、駐車場、営業時間など、利便の高いお店ゆえに、京都ラーメンの一翼を担っているという自覚の上、守るべきは守り、経営に勤しんでいただきたいと期待の念を込めて記させていただきました。

【2007年5月24日訪問】

■■■ お店DATA ■■■
樂樂樂
所在地 : 京都市北区紫竹西栗栖町37-1 / Tel. 075-492-5533
営業時間 : 11:00〜15:00 / 17:00〜25:00
定休日 : 不定休
お店HP

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/50999899