2007年06月12日

志七そば吉田屋 志七そば濃口

志七そば吉田屋 濃口久しぶりの訪問。今日は出食数限定の「志七そば濃口」をいただきました。
ラーメン本などに掲載されないこともあるお店ですが、個人的には、そうした情報誌には常連にもなってもよいくらいのポテンシャルのあるお店だと思っています。なぜかなぁと思っていましたが、本日「濃口」をいただいて、ちょっと思ったことを綴っておきます。

確かに「濃い口」。濃度を高めた動物系出汁が圧倒的な存在感を発揮しています。

しかしながら、全体的なバランスはいまひとつ...。

デフォルトのものには白髪葱があしらわれていますが、この濃口には施されていません。端的にそこは残念。蕎麦を彷彿とする麺といい、魚系出汁の躍動感といい、非凡な一杯にあって、普通の葱ではいかにも寂しいと感じます。食感や見栄えにおいて、明らかにその方がまとまるのではないでしょうか。

単なる空想ですが、普通の「志七そば」の方が断然完成度は高い。しかし、学生さんのたくさん住んでる界隈なので、場所柄濃厚なものを好まれる。であれば、食数限定で濃厚なラーメンを提供しよう。でも学生さんが食べるんだったら、あまり高くはできない。それじゃぁ、ちょっとトッピングを変えようか...。

画して、「限定」という言葉に釣られて、たくさんの人がそちらを注文。このお店を評価するに当たって、基本のラーメンではなく、ややバランスを欠いた「濃口」で判断されてしまっているのではないでしょうか?

コスト的に見合わないのであれば、何もデフォルトと同じ600円に拘らず、50円高くても、そちらを支持したいと思います。

個人的には、とても好きなお店なんです。「高倉二条」さんの成功のように、京都の地に和出汁のラーメンは受けない、という時代でもありません。きっと正当に評価されれば、もっと注目されるお店になると思っています。

何にも増して、こちらのお店の接客はすごく素敵です。料理を気持ちよくいただく雰囲気が、ちゃんと備わっています。
だから、もっと気がついてほしいなぁ、という意味を込めて書いてみました。

駄文失礼いたしました。m(__)m


志七そば吉田屋 ライスちなみに、ここの「ライス」には、自家製のふりかけとチャーシューがトッピングされます。しかも「お替り」もできちゃいます。


【2007年6月12日訪問】

■■■ お店DATA ■■■
志七そば吉田屋
所在地 : 京都市左京区板白川追分町2-7
営業時間 : 11:00〜14:30 / 17:30〜25:00 (平日) / 11:00〜25:00(土曜) / 11:00〜23:00(日曜)
定休日 : 木曜

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/51211584