2008年01月10日

味浪漫いしがま亭

いしがま亭旧友との新年会。訪れたお店は、木屋町団栗下ルにある「味浪漫いしがま亭」。
京都産の合鴨をリーズナブルな価格で提供してくれるお店。格子戸をあつらった京町屋の雰囲気もよく、店内のカウンター奥には、お店の名前の由来にもなった「石釜」が鎮座しています。なんでも、このお店のマスターの手製だとか。

そんな繁華街の一角にあるお洒落なお店の看板メニューにひとつが、「京鴨ロースのしゃぶしゃぶ小鍋」。

で、鍋のシメには、別注文で、うどんや雑炊に加え、なんとラーメンも選べます。
もちろん、ラーメンをいただきました。

店主がわざわざ横浜から取り寄せるという麺は、翡翠麺。お店の方に原料を伺うと、ほうれん草だそうです。柔らかく、しなやかで、ほんのりと香り、いかにも上品でした。ほぼ純度100%と思われる鴨のスープが、ぎゅっと濃縮したような濃厚さがあり、旨味がじんわり口中に染み渡ります。

お店の情報は、写真もいっぱいあった、こちらのサイトをご覧ください。

京都きらめき紀行

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/51230348