2007年12月24日

初代けいすけ@東京本郷

初代けいすけ 黒みそラーメン黒味噌を使ったラーメンで有名なお店。日本の最高学府の頂点、東京大学赤門前にそのお店はあります。
こちらも2号店にあたる「二代目けいすけ」を以前訪れました。そこでは、これまたラーメンには珍しい食材「海老」を使ったラーメンを供されているのですが、その紹介は別の機会を設けます。

「黒味噌ラーメン」(680円)。真っ黒なスープに紅い器。奇抜なルックスです。

黒いスープに盛り付けられるのは、これまた紅い糸唐辛子と白く見えるのはクリームです。
その特徴的な黒さを出すのに使われているのが「竹炭」。これが意外とたくさん入っています。しかしながら、お世辞にも美味しいと言える食材ではなく、ぱさぱさした食感が個人的にはイマイチ。以前和歌山県白浜で「備長炭」入りのラーメンというのを食べたことがありますが(「紀州らーめんおかげさん」)、確かに体にはよいのかも知れません...。

全体的にもいまひとつまとまりに欠け、生姜、玉葱、挽き肉などのいろいろな具材も散漫な印象。麺も粉っぽく、くしゃっとした食感が、ちょっと馴染めません。

初代けいすけ 黒みそつけ麺つけ汁初代けいすけ 黒みそつけ麺こちらは友人がいただいたつけ麺。麺の量は半分にしてもらいました。

このお店、大学の門前にあり、麺の増量やごはんのサービスなど、お腹を空かせた学生さんにはとってもありがたい存在だと思います。ビジュアルから受ける印象や、希少な食材を使われているところから、味覚に拘られているお店という先入観があったのですが、むしろ立地から考えて、学生さんに優しい、「面白い」お店、みたいなのがコンセプトなのかなぁと思いました。

ならば、この値段でこれだけのものを提供されているのは、東京じゃ大変なことだと思います。

【2007年12月24日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/51238575