2007年12月28日

稲荷@経堂 つけめん

稲荷 つけ麺「胡心房」を後にし、一路東京へ向かいます。小田急線を途中下車。ここ経堂は、都下でも有数のラーメン激戦区です。
その一角にあるお店「稲荷」を訪れました。
稲荷お店の趣きは、まるで渋い蕎麦屋さんみたい。なんでも自家製麺で、かなりのこだわりのお店との評判を聞いてやってきました。つけめん(麺少な目)(800円)をいただきます。


驚きでした。

これが自家製かと見紛う極太の麺は、歯ごたえ、のど越し、風味、どれを取っても、孤高の存在。おそらく食べなれない人にとっては、顎が疲れるくらいのコシです。圧巻です。

かなり濃いつけ汁は柚子や煮干しの酸味に引き立てられた甘味が強く、上品で優しい甘さ。チャーシューも極めて柔らかく、これも甘めの味付けで、とろけるようです。

こじんまりとした店構えながら、きれいに掃除が行き届き、気持ちの良いお店でした。 片隅には仕込み中の支那竹が。十分時間を取って、ひとつひとつの食材を手間隙かけて作られています。

【2007年12月28日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/51238650
この記事へのコメント
つけめん900円やったど。年明けて値上げしたか?
Posted by いっちゃん at 2008年01月16日 12:58
>いっちゃん

さすが、鋭いご指摘。畏れ入ります。

「(麺少な目)」を書き忘れていました...。
メニューには少なめの場合の値段なんて書いてないので、本来なら定価の900円を貰い受ければよいところ、みんな800円にしているから、ということで、お値引きいただきました。

良い素材を使われているので、絶対価格は高いでしょうが、こんなところからも、実直で、良心的な様が窺い知れます。

「稲荷」さま、書き足らず申し訳ありませんでした。そして、美味しい「つけめん」、ありがとうございました。m(__)m
Posted by at_you_see at 2008年01月16日 22:08