2007年12月29日

大喜@東京湯島 とりそば

大喜@東京湯島 とりそば3軒目は湯島にある名店「大喜」です。一度昼の部に訪れましたが、目的の「とりそば」(850円)は売り切れ。夜の部シャッターでいただくことができました。
無化調ゆえか、インパクトというほど迫ってくる味覚はないけれど、じんわりと滋味深さが伝ってきます。

具材には、白髪ネギ、メンマ、煮卵、鶏チャーシューのほか、かいわれや小さく刻まれた春菊、ほんのりと生姜の香りが漂うそぼろなど、実に丁寧な仕事が施された一杯で、完成度は頗る高いです。

塩ラーメンなのですが、香味油も抑制が効いていて、大人なラーメンといった感じですね。

ちなみに限定数は昼の部35食、夜の部25食です。このラーメンが目的ならば、できるだけ各オープン時に赴いた方がよいでしょう。

このお店だけ同行した関東の旧友も満足そうで、なによりでした。

【2007年12月29日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/51240006
この記事へのコメント
一昨日、湯島天神の帰りに20人程の行列。まだシャッターでしたので直ちに並びました。「とりそば」地味ですねーしみじみしますねーオヤジさん謙虚で親切ですねー、不忍池の風俗資料館みたいな味わいがありました。写真はそぼろを手前に撮るのが正解でしたかぁ。。。
Posted by Li at 2008年01月28日 09:52
Liさん

お久しぶりです。
「風俗資料館みたいな...」。なるほどですね。(^^♪
写真を撮る方向って難しいですね。置かれた位置が必ずしも正しいとは限らないですし。上下左右がないもので、鉢に屋号が配されている場合は、それを目印にすることがあります。(^^ゞ
Posted by at_you_see at 2008年01月29日 01:29