2007年12月29日

ajito@東京大井町 ロッソ

ajito@東京大井町 ロッソ今年の新店で、「ラーメン」というジャンルに納めることに躊躇するメニューを提供されている注目のお店です。店主自信も、お店はラーメン屋ではないと言い張っておられるそうです。
ロッソ(700円)をいただきました。

写真をごらんいただければ一目瞭然ですが、もやは「ラーメン」や「つけ麺」の範疇を超えていることに頷いていただけると思います。

麺の上にはパルメザンチーズとオニオン、サルサソースがのり(夏季は生のバジルになるそう)、動物系出汁よりも野菜の占める割合の方が多いつけ汁は、「ソース」と表現する方が適切です。

麺の上げ方が短く、まだ芯が残っているくらいでしたが、この料理においては、「もっとこうした方がよい」というような意見は野暮そのもので、供されたそのものを、ありのままに頂くことが、このお店を楽しむことに違いありません。

ajito@東京大井町場所は山手線大井町駅から徒歩10分ほど。料理だけ見ていると、かなりお洒落なイタリアンテイストなお店かと想像していましたが、住宅地の一角、かつてはおそらくスナックであったろう店舗です。70年代のロックが鳴り響く店内には、ガンダムのフィギュアも所狭しと並び、まったくの異空間。好きな人には堪らないお店でしょう。こんなところからも、普通の尺度では計り知れない雰囲気が漂っています。

僕も大好きです。京都にもこんなお店できたらいいなぁ。

【2007年12月29日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/51240020