2008年01月26日

京都千丸しゃかりき 和風煮干らーめん

京都千丸しゃかりき 和風煮干らーめん名古屋から友人が上京。いずれもラーメン大好きな人たち。京都・滋賀のお店3店をご一緒させていただきました。1店目は「京都千丸しゃかりき」さんへ。
今日はお昼の来店ということもあり、一日20食限定の「和風煮干しラーメン」(650円)をいただきました。

よく、しゃかりきさんのラーメンを食べて、魚系が強すぎる、という声を耳にします。

確かに和風出汁に拘れているお店なので、当然といえば当然なのですが、どうも受け止め方に、積極的に評価される人とネガティブに捉えてしまう人がいる気がします。

なぜ、肯定的に受け止めてもらえないのか。それはラーメンが豚骨などの動物系出汁が当たり前、という先入観があって、思いがけない魚介の風味が、無意識に期待していたものとかけはなれたものに直面してしまった。躊躇しているうちに十分に理解しないまま食事を終えてしまっているのではないでしょうか。

そんな経験をもった人(これをお読みいただいている方も、その友人の方も)には、ぜひこの「和風煮干し」を召し上がっていただきたいです。最初から「和風」とあれば、きっと心構えをして、いただくことができるでしょう。

中には和風出汁はあまり好みではない、という方もおられるかもしれません。しかし、敢えてそんな方にお尋ねしたいのですが、本当に美味しい和風出汁を食べたご経験がおありでしょうか?

大抵の日本食のお店。ある程度の金額が必要なお店を除いて、ちゃんとした出汁で調理に当たっているお店は、皆無と言っても過言ではありません。ファーストフード店はもとより、いわゆる和食レストランも然りです。

おそらく、庶民的な金額で、ちゃんと節、煮干し、昆布から煮出した出汁を提供しているお店は、日本蕎麦のお店と、このラーメン店くらいではないのではないかと思うのです。

日本古来の出汁文化を、手頃な金額でちゃんとしたものをいただくことが出来るのが、食文化においては新参のラーメンというのは、些か寂しい話ではありますが、そうは言っても、こうした国民食で脈々と継承されているだけでも貴重な事象なのかもしれません。

ともかく、まだ経験したことがない方は、一度そんな視点で「和風煮干し」を召し上がってください。きっと日本の「出汁」の見方に変化をもたらしてくれると思います。

【2008年1月26日訪問】

■■■ お店DATA ■■■
京都千丸しゃかりき
所在地 : 京都市中京区聚楽廻東町3-9 / Tel. 075-813-5198
営業時間 : 11:00〜14:00 / 18:00〜24:30
定休日 : 第1、第3火曜
お店HP

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/51262414