2008年01月26日

ni.ci la-men NIKKOU 油そば

ni.ci la-men NIKKOU 油そば名古屋へご帰還される途中に位置するので、こちらも訪れました。
「ご案内する」というよりも、ほとんど連れて行ってもらったに等しいのですが...。
注文は「油そば」。本来なら来店2度目にしか過ぎないので、こんな裏メニューを注文するなんておこがましいも甚だ。基本的にメニューに載っていないものを戴けるのは、何回も足繁く通ったお店か、店主からの申し出、常連さんからの紹介くらいしか頼めないと思っています。かろうじて店主と知己を得ていたことと、同店をよく知る方2名から、つとに薦められたこともあり、思い切ってお願いしてみました。

噂に違わぬ絶品でした。

基本的に「にっこう」さんのラーメンは、センスを感じる上品なものが多いのですが、この「油そば」は、その最大の特徴であるジャンクさが如何なく発揮されたボリュームのある逸品です。

しかも、店主自身はこれを作り上げた当時「油そば」を食べたことがなかった。にも関わらず、どんな料理で、どんな食べ方をするのか、という情報だけを頼りに、これだけのものを作り上げたそうなのです。まさに驚愕の事実。聞いただけで、それを再現させることができるセンスに脱帽です。

あくまでも裏メニューであり、製作には厨房にある素材だけで対応されます。したがって、チャーシューやメンマ、ニンニクなどは、基本的に他のラーメンで用いられているものと変わりません。キャベツだけは、他に使われているメニューがあるのかどうかは定かではありません。柚子があったので、微塵切りにしてトッピングに加えていただきました。麺量はつけ麺と同様120gと180gから選ばせていただけましたが、もちろん180gでオーダー。

僕自身も、実は「油そば」という食べ物をよく知っているわけではなく、「しゃかりき」さんのそれを知っているだけです。京都では、所謂「まぜそば」「和え麺」「スープOFF」といわれるメニューを提供されているのは、この「しゃかりき」さんともう1店くらいなもので、経験という意味で言えば、昨年に東京大崎の「ジャンクガレッジ」を食べたことがあるくらいです。

そこで名古屋からお越しの方にも味見をしてもらいました。名古屋は従来ラーメン不毛の地と認識されていましたが、そんな状況はここ5年くらいで様変わりしています。新しい、実力をもったお店がどんどん出てくるメッカとして、全国的にも俄然注目。昔ながらの流儀が希薄なので、そういった慣習に囚われない、独創的で気鋭のお店が多く、しかも、こんな「和え麺」「油そば」の類の文化が花開いていると聞きます。

そんな「和え麺」文化の盛んな地からやってきたラーメン通の方々に賞味していただいた感想が、「美味しい」「名古屋でも絶対受ける」「凄い」といったものでした。こんな感想を聞けただけでも、無理を押して作ってもらった甲斐があったなぁと嬉しく思います。

ni.ci la-men NIKKOU 自家製マー油自家製の「マー油」を作ってみたとのことで、別皿でご提供いただきました。半分ほどいただいたところで加えてみます。ニンニクの風味が一層強くなり、なんとも凄まじいくらいパワフルな食べ物になりますね。「油そば」には、脂ぎった口中を潤す意味でスープを別の鉢で提供されることがあります。こんなところにも配慮ができるお店。やっぱり、「にっこう」は凄いです。


ni.ci la-men NIKKOU 鶏飯サイドメニューでいただいた「鶏飯」(300円)。ささみの肉を調理したものらしいですが、ツナのような食感と鰹節、白ネギとのハーモニーが美しい逸品。ほんと、なんでも美味しいです。このお店は。


【2008年1月26日訪問】

■■■ お店DATA ■■■
ni.co la-men NIKKOU
所在地 : 滋賀県彦根市宇尾町894‐8  / Tel. 0749-28-2035
営業時間 : 11:30〜14:30 17:30〜21:00 (平日) / 11:30〜21:00 (土日祝)
定休日 : 月曜・第1・第3火曜
お店ブログ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/51263244
この記事へのコメント
食ってみたい・・・
ロバートも未開の地 スープオフ
試作はしてますが・・・
加藤屋の目指す「ほっこり系」に持って行くのは難しい・・・
けど食いもんとしてはタブーがない分おもろいかも・・・

食べてみる?
Posted by ロバート at 2008年01月29日 00:05
ロバートさま

コメントありがとうございます。
ロバートさん謹製の「油そば」、ぜひぜひ食べてみたいです...(^^♪

ただ、僕自身は来店回数があまりにも少ないので、まずは基本のメニューを、一通りちゃんと食べないといけないなぁと肝に銘じています。「つけ麺」もいただかないといけませんしね。

また近々お伺いします。m(__)m
Posted by at_you_see at 2008年01月29日 01:43
色々と、お世話になりました。
毎度毎度ながら、行く度に新しい発見だらけです、この旅は。
CFのムックを見ながら、次の機会にはどこに行こうかと思いをはせるところです。
しかし、今回は一番ルート的に無駄なく回れたなあと思ってます。

なにより、発想の転換で早朝ラーメンはありです。
次回は、日の出前にお迎えにあがります。(笑)
Posted by HigeBOSE at 2008年01月29日 20:56
油そばいきましたか〜♪是非ご飯ものまでコンプリートして下さ〜い。滋賀三大丼(非公式)のひとつ「豚タタキ丼」もウマ♪ですよ(^o^;)
Posted by nagoya-kyu at 2008年01月29日 23:49
体調の悪いなか遠くまで連れまわしてしまって申し訳ありませんでした。おそらく名古屋に帰った自分たちより帰宅が遅くなってしまったのではないでしょうか?

私は日香麺(清香)をいただいたので、油そばは味見させてもらっただけなのですが、旨かったです。ただチャーシュー、メンマはもっと細かく切った方が混ざりやすいので良いかと。ともあれセンスある一杯、旨かったです。

次回の京都訪問の際はぜひ早朝ラーメンもご一緒くださいネ。
Posted by ぐりお at 2008年01月29日 23:49
>HigeBOSEさん
早朝ラーメンはご辞退申し上げたいなぁ...(^_^;)

>nagoya-kyuさん
「鶏飯」すこぶる完成度高かったです。
昔からラーメンが本当に美味しいお店は、サイドメニューが充実していると確信していました。「にっこう」さんは間違いありませんね。ぜひ他のご飯ものも食べてみたいです。

>ぐりおさん
もちろんご一緒させてもらいます。
違う土地の方と一緒に回らせてもらうと、いろんな発見があっても面白いです。京都じゃ当たり前と思っていても、意外に全国レベルでは珍しいこと、少なくないですからね。
Posted by at_you_see at 2008年01月30日 03:10