2008年02月04日

壱八家

壱八家京都ラーメン小路に2月1日オープンした「壱八家」を訪れました。
摺り鉢状の器が特徴的。具材はチャーシューと煮卵、ほうれん草、そして大きな海苔が3枚です。

関西ではあまり見掛けない太麺で、長さがかなり短い。角が取れて丸みを持っていますが、丸断面ではなく長方形です。これだけ太さがあると良し悪しはともかく、外側はツルっとして舌触りが滑らかで、内側は粉っぽさが残り、小麦の風味を楽しむことができます。

出汁は豚骨ベースで、比較的濃く煮出されています。スープを一口飲むと、表面を覆う油の層がなんとも食欲をそそります。質感からして、これは香味油ではなくてラードでしょうか?

食べ始めた当初は久しぶりの完スペペースかと思いきや、残念ながら味付けや脂質が濃すぎるためか叶わず。

このお店は、ラーメンそのものもさることながら、麺の種類や湯掻き加減、うずら玉子やキャベツ、にらもやしなど豊富なトッピング類を組み合わせて、自分の好きなパターンを探し出すのが面白さのひとつなのかも知れません。家系というものには、まったく疎いのですが、そんな楽しみ方ができることも「家系」の特徴なのかも知れません。

ところで、京都の玄関口に突如登場した家系ですが。、昨年左京区に誕生した京都初の家系ラーメン店「紫蔵」を思い出す方も少なくないでしょう。ブログ不執筆時の新店ゆえ未掲載でしたが、立て続けに現れる家系の出店は果たして偶然なのでしょうか? 昨年の烈士詢名同様、かなり恣意的なものを感じます。その真相や如何に?

いずれにせよ、話題性の高いお店ができたことは確かです。
開店当初からご無沙汰している「紫蔵」さんに、久しぶりに行ってみようかと思いました。

壱八家 手作餃子サイドメニュー「手作餃子」。ぎっしり詰まったタネとニンニク以上にニラの香りが印象的でした。

【2008年2月4日訪問】

■■■ お店DATA ■■■
京都ラーメン小路
所在地 : 京都駅ビル10階 / Tel. 075-361-4401(京都駅ビルインフォメーション)
営業時間 : 11:00〜22:00
定休日 : 無休
お店HP

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/51274630
この記事へのコメント
聞くところによると、家系では、鶏油を使用するのが一般的だそうです。なので、本文で触れた「ラード」というのは、根本的な間違いかも知れません。

比較的厚い層だったのと、鶏油特有の黄色っぽさがなかったので、ラードだと想像しました。
Posted by at_you_see at 2008年02月05日 23:38
壱八家はチェーン店だし
期待しすぎるのは禁物
それとラードは使ってませんよ
Posted by パトライト at 2008年02月06日 17:30
パトライトさん

コメントありがとうございます。
チェーン店だったんですね。その割には、しっかり家系を表現されていて、面白かったです。

しかしながら生粋の家系ファンの方の中には、「もっとここのお店が美味しいのに!」というご意見をもたれる方もいらっしゃるでしょう。例えば、他地域に京都系のラーメン店が出店したことを想像すると、逆の立場でそんな思いをもつことがありそうな気がします。

実際本場の「家系」を食べたことがないので、一度横浜を訪れて、「これぞ家系!」というものを経験したいと思っています。
Posted by at_you_see at 2008年02月07日 03:12