2008年02月17日

金の豚

金の豚昨年8月にオープンした新店。巷でそこそこ評判がよく、気になっていたのですが、本日ようやく訪れることができました。
以前のお店「味王」のリニューアルとも聞きましたが、その内実は大きく異なります。
かつて京都老舗チェーンの「第一旭」において、最も美味しいとの評価もあった「南インター店」の店長が、一念発起して開業したお店「一匠」。残念ながら、辺鄙な場所柄というハンディキャップもあって、惜しまれつつも閉店の憂目を見ましたが、その卓抜した技術を請われて、このお店の料理長として再起に賭けられているのです。

従って味はお墨付き。往年の京都の背脂醤油豚骨醤油が好きな層には、たまらない一杯を食べることができます。
個人的な嗜好を申し上げあると、市内北部で育った僕は、このタイプのラーメンに幼少の頃から親しんできたわけではないので、他の方に比べると、そろほど思い入れの強い方ではないのですが、それでもこのお店の魅力は十分に理解できます。

こんがりと香ばしさすら感じる醤油の風味。やや多そうに感じられる表面の油も、食欲がそそります。ほろほろに柔らかい巻きチャーシュー。何の変哲もないオーソドックスなメンマとネギも、安定した落ち着いた趣きに色を添えています。まさに完成された定番の一杯といえるでしょう。

金の豚 焼きめし金の豚 餃子金の豚 鳥のカラアゲ
お店にはサイドメニューも豊富。ぜひとも複数で訪れて、いろいろ食べてみたいですね。

この記事を書いていて気がついたんですが、夜はなんと午前3時まで営業されているんですね。深夜にラーメン食べたくなったら、こんな美味しいお店がやってるんだと、記憶に留めることにしました。(^^♪

【2008年2月17日訪問】

■■■ お店DATA ■■■
金の豚
所在地 : 京都市南区西九条柳ノ内町83-4ぷらむビル1F / Tel. 075-671-7999
営業時間 : 11:00〜27:00
定休日 : 無休
お店HP

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/51370349
この記事へのコメント
氏のコメントは、背脂醤油・・となっておりますが、私的には深草の「ラーメン藤」に大変よく似ている感じです。
背脂というか、ラードはこってり入っており、熱さが逃げないのは良い感じです。ラードと背脂を区別する必要が有ると思います。が・・、美味しいことは間違い有りません。
私は、14時10分頃と、12時30分頃の2回訪問しましたが、12時30分頃のスープは、繁忙時間帯を経過したせいか少々コクが無いように感じ、また、14時過ぎの時は、大変美味しく戴きました。
Posted by クマゴロー at 2008年06月10日 20:21
クマゴローさま

こんな更新もされていないブログにコメントいただき、ありがとうございます。

読み返して赤面です。
「豚骨醤油」と言いたかったところ、間違って「背脂」って書いてましたね。訂正させていただきました。

ご指摘ありがとうございます。

時間帯で状態が変わるというのは、ラーメン店では、いわば当たり前なことですよね。
ちなみに僕は夜遅くに訪問しました。

「あかつき」さんなんかは、前日の晩から、営業しながら翌日の昼の部の仕込を平行して行われているので、以外に昼一番の状態が優れていたことを印象深く覚えています。
Posted by at_you_see at 2008年06月11日 01:29