2008年02月22日

麺の房らーめん晴レル屋@愛知県大府市 味噌DEカリー

麺の房らーめん晴レル屋 味噌DEカリー続いて向かったのが、これまた某店とのコラボ店。名古屋を越えた大府市にある「麺の坊らーめん晴レル屋」です。
みそDEカリー(850円)を注文。いわば「カレーつけ麺」。下調べで、ほとんど一目惚れのように食べたくなったメニューです。

余談ですが、こんな創作系のラーメンって、東京なんかじゃとても盛んな印象をもっているのですが、京都ではなかなか見つからない。それは、伝統的(といってもラーメンの歴史はたかだか100年にも満たないのですが)なラーメンが厳然と存在した土地柄だからこそ、従来の枠をはみ出すようなものが、相対的に求められていないのかなぁという想像をしています。「食べ物」に対する一般的な嗜好は、極めて「保守的」であるのが自然ですから。
それに比べて、こう言うと失礼なのですが、名古屋を中心とする中京地区では、そんな伝統的なラーメンというのが、なかったのかも知れません。「台湾ラーメン」など、この地特有の老舗スタイルはありますが、一般的な支持のされ方として、そこまでの影響力がなかった。
でも、それがゆえに、新しく価値のあるものが、距離・伝統の制約に邪魔されることなく、貪欲に模索、実践、評価されているのが、この中京という土地の現在なのかも知れません。

それを思うと、ちょっと羨ましくもあるのです。

といっても、僕も京都人として、京都の今後に期待をしていないわけではありません。
ラーメンはともかく、他の分野において、京都という町は、保守的・伝統的な物が重用される一方、革新的・前衛的な気質を愛でる側面も持ちえている街だと信じています。
それが、市民権を勝ち取るようなムーブメントになるかはわからないけど、そんな気鋭が尊ばれる、暖かい眼差しが向けられる、そんな街であってほしいなぁと、つくづく思うわけです。

余談が過ぎました。


出汁はまったりとして粘性があり、豚骨出汁の雰囲気が活かされた仄かに甘味を感じるつけ汁。カレーの辛さはそれほど強くありません。辛さがあまり得意ではない僕には、ちょうどよい塩梅でした。
具材には、チャーシユーではなく豚肉とベビーコーン。底の方にはミンチやみじん切りの玉葱も潜ませられてました。このあたりが、やわらかい旨み、甘みに貢献しているんでしょうね。

やや縮れた麺は多加水で硬質感があります。歯で噛み切り難い感じと表現するのが一番近いでしょうか。多加水ゆえ、小麦の素材そのものの味はあんまり感じられず、のど越しを楽しむタイプとお見受けします。長さがあると聞いてはいましたが、たくさんの本数をつかんでしまうと、ほんと、口中がいっぱいになってしまいます。(^_^;)

しかし、おしゃれな盛り付けだ。
大府の人が羨ましいです。

【2008年2月22日訪問】

■■■ お店DATA ■■■
麺の坊らーめん晴レル屋
所在地 : 愛知県大府市月見町1-297 / Tel. 0562-47-5432
駐車場 : あり(9台)
営業時間 : 11:30〜14:00 18:30〜22:00
定休日 : 月曜日・第2火曜日(祝日の場合は翌日)
お店HP

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/51406931