2008年02月24日

ら〜麺なかにし 鶏塩メン

ら〜麺なかにし 鶏塩めん「あかつき」で修行された方のお店であると聞き及んでいたので、初訪時はそのラーメンを踏襲しているであろう「しょうゆラーメン」をいただきました。その後幾人の方から、「『鶏塩』がうまいよ」という話を伺い、再訪したいと常々思っておりました。
「しょうゆラーメン」とは打って変わっての、今風なヴィジュアル。鶏油の黄色いキャンバスに、大葉の緑、海苔の黒、白髪ねぎの白、そして糸唐辛子の赤が映えています。

スープは鶏白湯。といっても京都のクラシカルな鶏白湯とは一線を画すもので、近年流行した現代の鶏白湯です。それが如何なるものかを言葉で表すのが難しいのですが、粘度に頼らず、甘みは深く、得てして香味油で仕上げる、といった感じでしょうか。特に、タレが塩である以上、根本的な違いを楽しむことができます。

そんなジャンル的には新しい鶏白湯の中でも、この一杯は格別でありました。

チャーシューの代わりにあしらわれた鶏肉が秀逸。単品でいただいて、酒の肴に抜群に合いそうな魅惑的な代物です。ニンニクベースの味付けながら、ジャンクになりすぎず、ぎりぎりのところで上品さを維持している状態で、唸らされました。

そもそも、鶏出汁とニンニクの相性の良さは、過去の鶏メインのラーメンを見れば明らか。それをスープに直接に投入するのではなく、トッピングされた具材を介して風味を合わせる強かさに舌を巻きます。

後日知ることとなりますが、このお店のオーナー店主は、焼鳥店を経営されている方。故に鶏肉を扱わせれば、巧みなこと請け合いです。

間違いなく、再度いただきたいと思わせてくれたラーメンでした。


【2008年2月24日訪問】

■■■ お店DATA ■■■
ら〜麺なかにし
所在地 : 京都市左京区一乗寺樋ノ口町27コーポラス禅1F / Tel. 075-712-2887
駐車場 : 2台
営業時間 : 11:30〜14:30 18:00〜24:00 / 11:30〜14:30 18:00〜23:00(日祝)
定休日 : 月曜
お店HP

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/51413488
この記事へのトラックバック
2007年4月オープンのお店。 場所は白川北大路の南東になるのだが、白川通から一夲入つた目立たない場所にあり、ラーメン屋の立地条件としては不利な部類に入るであらう。實際、お笑ひ藝能人と同級生であつた、とのことで番組で紹介された時には混んでゐたさうだが、私が訪れ
[塩]ら〜麺「なかにし」@一乗寺樋ノ口町 鶏塩メン 2007.09.24/2008.11.14實食【麺面日記(麺屋「しゃかりき」は「つけそば」屋さんです)】at 2009年01月16日 01:44
この記事へのコメント
ちゃんと見に来てまっせー!!
がんばって更新しとくなはれや!!
Posted by だいぼん at 2008年06月18日 13:22
だいぼんさん

コメントありがとうございます。
各所より更新はまだか、というお声を頂戴していながら、
なかなかお応えできませんでした。
本当に申し訳ありません。

精神的にようやく落ち着きつつあるので、少しずつ更新を再開している次第です。

いつまで維持できるか、甚だ不安ですが。
Posted by at_you_see at 2008年06月19日 01:44