2008年04月01日

京都千丸しゃかりき つけ郎

京都千丸しゃかりき つけ郎「京都千丸しゃかり」と、その修行先である東京立川の名店「鏡花」を軸に、愛知の新鋭店4店によるコラボ企画。それぞれ3店ずつに分かれて、2種類のつけ麺を食べ比べようという趣向のイベントでした。
愛知コラボ「鏡花」組は「喜多楽」と「白神」で、「繊細エレガント系つけ麺」を。一方「しゃかりき」を筆頭に「ぎんや」「晴レル屋」は「二郎系つけ麺」という、対照的なメニューでお客さんを楽しませてくれました。この模様はケータイサイト「超ラーメンナビ」でも、人気投票が実施され、フリークの注目を集めます。特に愛知県周辺にお住まいの方は、各店が知恵を振り絞った二種類のつけ麺を食べ比べ、また同じ系統のつけ麺を二店舗で食べ比べ、さぞかし楽しい企画だったんだろうなぁと思います。

僕は京都でしかいただけなかったので、「しゃかりき」にて二郎系つけ麺「つけ郎」をいただきました。

二郎の名を冠するだけあって、非常に豪快。キャベツもお肉も、これでもかっ!というくらいにつけ汁に投入されています。ニンニクの風味が漂う、なんともガッツリ感のある重量級のテイスト。麺もまた、二郎ばりの剛直さが如何なく発揮されており、噛むほどに顎がつかれてくるほどです。ただ、そこは「しゃかりき」。二郎を標榜する以上、乱暴そうに見えるものの、実は意外に緻密に計算されていた一杯ではなかったかと思っています。お店の個性からは、かなり乖離した代物ですが、こんな方向のものも作れるんだぞっという、店主の引き出しの深さをまざまざと見せつけられた感じです。

「夢を語れ」で経験した「300g」が、相当ボリュームがあったことが思い出され、びびって200gを注文したんですが、なんてことはない、美味しいのであっというまに完食してしまいました。もっともっと食べたかったですね。


【2008年4月1日訪問】

■■■ お店DATA ■■■
京都千丸しゃかりき
所在地 : 京都市中京区聚楽廻東町3-9 / Tel. 075-813-5198
駐車場 : 近隣にコインパーキングあり
営業時間 : 11:00〜14:00 / 18:00〜24:30
定休日 : 第1、第3火曜
お店HP

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/51459660