2008年04月15日

らーめん弥七 つけ麺

らーめん弥七 つけ麺とあるライブのため大阪へ。平日の昼間に大阪にいれることって滅多にないので、このお店を訪れました。
というのも、少し前くらいから、昼の部・夜の部を改め、通し営業売り切れ御免のスタイルで、夕刻には店仕舞いされるようになりました。普通のサラリーマンにはなかなか敷居の高いお店になってしまいました。こんな機会じゃないと食べられない、と勇んで参りましたが、そんな人、結構多いかも知れませんね。

それだけ、このお店のラーメンは魅力的です。鶏白湯系のお店では、関西筆頭と言えるでしょう。鶏白湯といえば、京都ラーメンのクラシカルなスタイルだけに、京都にもこの弥七に匹敵するくらいのお店が出てこないかなぁと、切に願います。

今日は、未だ未食であった「つけ麺」をいただきました。つけ麺にしては、やや細めの麺ですが、絡むこともなく、スルスルとほぐれてくれます。地味な特徴かも知れませんが、これがつけ麺という食べ物には極めて重要。それでいて、適度な粘性を保ったつけ汁が、やさしく纏わり、口に含むやいなや、柔らかい仄かな甘みに満たされます。

らーめん弥七 へた飯この日、一緒に行動していた方となら「連食」はゆうにあり得たのですが、懇願してお昼は1軒のみにしてもらいました。なぜなら、この「へた飯」が食べたかったから。各方面絶賛のこのメニュー。美味しゅうございました(^^♪

【2008年4月15日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/51459703