2008年04月16日

きて屋

きて屋大阪から帰ってきて小腹が好いたので、阪急大宮駅で下車。こんな夜遅くでも開いていてくれるのが嬉しいお店です。
営業スタイルから「チェーン店」のように見られがちですが、「きて屋」の屋号で営業されているのは、このお店だけのはず。確かに市内に数店舗を擁する「珍遊」の関係のお店ではありますが、「珍遊」自身がチェーンではなく、暖簾分けに近い形で数店を数えるお店なので、そういう意味では独立店との中間的な存在です。

そんな位置付けが必要かどうかと言えば、全く必要ないのかも知れませんが、このお店の現在のステータスを考える上ではヒントになり得ると思うわけです。

というのも、僕の身の回りのラーメン好きの中では、この「きて屋」、やたらと評判が良い。店構えがチェーン店チックながら、そこで提供されるオーソドックスな京都ラーメンは、愚直なまでにシンプルで、けれんみがなく、派手ではないけれど、じんわりと美味しい。昔からの京都のラーメンを愛する人にとって、郷愁を誘う「本物」であると認められているのだと、思います。

すごい安い価格なので、そんな風には思って食べたことがある人は一握りかも知れませんが、一度じっくり味わってみると、新しい発見があるかも知れません。

【2008年4月16日訪問】

■■■ お店DATA ■■■
きて屋
所在地 : 京都府京都市下京区四条大宮町18-7 / Tel. 075-822-0003
駐車場 : なし
営業時間 : 11:00〜25:00
定休日 : なし


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/51460064