2008年05月02日

らーめん工房電車道

らーめん工房電車道3月にオープンした「らーめん工房電車道」へ行ってきました。
場所は東大路通り、叡電の踏み切りのある元田中を少し北へ上がったところ東側。ラーメン店に詳しい方なら、「はなぞの」の跡地といったら、すぐおわかりでしょう。
京都大学近くの学生さんのたくさん住んでいる界隈です。

いただいた「鶏とんラーメン」は、豚骨・鶏がらを感じる白濁したスープ。醤油ダレが強く、色彩はやや褐色を帯びています。麺は中細で、つるつるとした食感。チャーシューは脂身の少ないモモ肉だそうです。

1玉でも2玉でも同じ600円というのも、学生さんには嬉しいサービス。小麦価格高騰のさなかにあって、がんばっておられます。「福三」跡地にできた「味っ子」でも同じサービスをされていましたね。

新店にもかかわらず、浮ついた雰囲気が皆無で、落ち着いた佇まい。お店の能書きにも、長年研究を重ねた〜云々とありましたから、きっとどこかでラーメン屋さんかラーメンに関わるお仕事をされてきた方のお店なのでしょう。提供される一杯も、試行錯誤を繰り返しているような様は感じられず、行き着いたような安定感すら与えてくれます。

【2008年5月2日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/51461294