2008年05月16日

京都千丸しゃかりき 4周年記念鶏と魚貝塩つけそば

京都千丸しゃかりき 4周年記念鶏と魚貝塩つけそば4周年記念限定メニュー第2弾は「鶏と魚貝塩つけそば」。こちらのメニューは、スタッフの宮下さんが担当されます。
目下修行中といってもよい立場のミヤさんですが、年に何回か催される限定は、彼の発表の場的な側面も持っています。とはいっても、「しゃかりき」の看板を背負ってメニューを提供するわけですから、そのプレッシャーたるや、月並みではありません。

同じ清湯系のつけ汁ですが、前日の醤油とは対照的な塩ダレのつけ汁。地鶏の出汁と魚介系の出汁とを別々にとったWスープです。

スープの旨味は、申し分ありません。実によく素材の旨味が出ていますし、動物系・魚系の按分も適切でお互いの旨味を引き立てている様が感じられるほどに、絶妙のバランスを保っています。珍しく貝も使われているということでしたが、貝のもつ臭みが出過ぎることを懸念されてか、ほとんど感じることはありませんでした。ただ僕がいただいたものは、塩ダレの塩分濃度が少し高かったのが惜しいところ。微妙な加減なのかも知れませんが、塩系のラーメン・つけ麺は、それが極めて重要なファクターであることを思い知らされました。

具材は、麺の生地を揚げてあしらった物や、海老入りのワンタン、つみれなど、盛りだくさん。懐石料理の素材を探し当てる楽しみに似た面白さがあります。
麺の上に敷かれた玉葱にも注目。ラーメンの隠し味に微塵切りの玉葱を仕込むことは見かけますが、つけ麺でかなり目立つ存在で玉葱を用いられているのを見るのは、たぶんはじめてではないでしょうか。時節柄、香りと辛みのさわやかな新玉葱を引っ張ってくるあたり、料理人としてのセンスを感じます。

回を重ねるごとにその腕を上げる職人さんを見守るのは、客冥利につきるといっても過言ではありません。宮下さん、これからも頑張ってください。

【2008年5月16日訪問】

■■■ お店DATA ■■■
京都千丸しゃかりき
所在地 : 京都市中京区聚楽廻東町3-9 / Tel. 075-813-5198
駐車場 : 近隣にコインパーキングあり
営業時間 : 11:00〜14:00 / 18:00〜24:30
定休日 : 第1、第3火曜
お店HP

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/51462018