2008年06月07日

CiQUE 塩ラーメン

CiQUE 塩ラーメン当初「七彩」へ赴く予定が、2店の待ち時間が長かったため、諦めざるを得なくなりました。
東京のフリークさんのはからいで「CiQUE」という新しいお店を訪問します。
なみに「チキュー」と読みます。

CiQUE 入り口の様子とてもラーメン店とは思えない、お洒落なバーのような空間。東京ではもはや珍しい類ではないのかもしれないけれど、入るのも躊躇われるようなハイセンスなお店です。

若き店主が打ち込むラーメンは、オーソドックスなスタイルながら、斬新な要素を包括する、極めて意欲的なラーメン。

僕は「塩」をいただきました。
香味油でまとめられた、じんわりと旨味を湛えたスープ。 鶏ガラをベースに、7種類の香味野菜、煮干し、ムロ節、羅臼昆布などを用いているそう。麩をトッピングに用いられていまいたが、表面に浮かぶ香味油をふんだんに吸収して、今まであまり感じたことのない感覚。

麺は三河屋製。適度に縮れた多加水麺で、スープをひっかけてくれます。

カウンター7席しかない凄く小さなお店ですが、店主が一人で切り盛りされていて、見るからに大変そう。手際よくこなすぞー、って意気込みは見て取れますが、まだまだ慣れてはらへんみたいで、工程の複雑さもあって、それなりに時間はかかっています。 それにしてもアルミ製のロートとか、他のお店ではあまり見かけない厨房機器がいっぱい。お店の内装以外にもお金がかかていそうです。

ご案内いただいた方によると、この日の出来はイマイチとのこと。まだまだお店をはじめて間がない次期。ブレが生じるのでしょう。

【2008年6月7日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/51463045