2008年06月07日

麺香房天照 醤玉そば

麺香房天照 醤玉そば4軒目に訪れたのは、アジアンテイスト溢れる「麺香房天照」。レゲエが流れる、多国籍居酒屋風なお店で、ラーメン、つけ麺、そしてこの油そばをいただくことができます。
当初、東京生粋の油そばを経験したく、「ぽっぽっ屋」への訪問を期待していたのですが、営業時間的に断念。油そばなら、むしろここが良いよ、ということで連れて行ってもらったお店です。

写真は「醤玉(じゃんたま)そば」。浅草開化楼の麺が活かされた珠玉の一杯です。剛直で、迫力があって、それでいてひっつかず、ぷりぷりとした食感が素晴らしい。トッピングは、チャーシュー細切れとメンマ、玉葱微塵切り、小葱、白葱、そして卵黄とシンプル。決め手はタレと油なんでしょうけど、この時点で繊細な分析など、もう不可能。ただただ美味しいと頬張るに心を奪われていた様でした。

幸いなことに開化楼に匹敵する麺を製造することができる製麺所を京都は有しています。願わくば、この天照みたく、卒なく油そばを提供してくれるお店の出現を、ただただ願うばかりです。

【2008年6月7日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/51463396