2008年06月07日

麺・粥 けんけん

麺・粥 けんけん 油香麺5軒目に訪れたのは、少しマイナーな部類かも知れません。ただ毎年石神本にも掲載されるような超実力店。しかも、気取りがない寛げる空間、下町的な親しみやすさが素敵な「麺・粥 けんけん」です。
全体的に、ニンニク・ニラでまとめているものの、単純にジャンクさに陥るのではなく、大衆的な親しみをもちながら、一方で非常に細やかで丁寧な仕事ぶりを拝見することができます。

中華粥のホタテの出汁しかり。ワンタンに包まれた海老のぷりぷりさかげん。もつの新鮮さ・・・

本来なら、もっとクオリティを追求している様を表現したり、斬新さを打ち出すこともできる店主らしいですが、お店のある場所柄を考慮した上で、地元の人に支持されるお店作りの方に重きをおいていらっしゃるそうです。

ある意味、ほんとのプロなんだと思います。



さて、冒頭に掲げられたのは、「油香麺」。けんけん版油そば。ビジュアル的に一番美しいと思ったので、一番最初に掲載しました。色彩的には如何にも辛そうな感じですが、おそらく上質な唐辛子なんでしょう。舌を痺れさせる様な辛みはほとんど感じませんでした。辛味が苦手な僕がそう思うので間違いないと思います。

麺・粥 けんけん けんけん香麺通常のラーメンに、ニラキムチやニンニクの香味油をあしらったもの。ベースの出汁があっさりとした鶏がらなので、ぜんぜんしつこい印象はありません。

麺・粥 けんけん みそ香麺こちらは辛味噌が加えられたものに、ニンニク油をほどこしたもの。黒っぽい部分がそれですが、ある意味食べ進めるにしたがって攪拌することを食べてに委ねているので、これもまたダブルテイストと呼べるものなのかも知れませんね。

麺・粥 けんけん エビワンタン粥生まれてはじめて、「粥」を美味しい!と思っていただくことができました。ホテルの朝食にあるような、さっぱりとしていて、付け合せの漬物でいただくような粥ではなく、粥そのものの出汁が吸引力のある美味しさ。上記のとおり、貝柱で取られているとか。一流の中華料理店の一品ならいざ知らず、このお店は勝るとも劣らない水準に達しているに違いありません。

麺・粥 けんけん ガッチャン(もつの味噌炒め)席について、まず頼んだのがこれ。酒のアテに最高です!油と味噌のハ〜モニ〜♪


と、何を食べても美味しい! 頗る満足度の高いお店です。こんなお店は、なかなか京都、いや関西にはないなぁ...。


今回の東京訪問も、ガイドブックの紹介文や写真の情報だけでは、なかなか訪れることがなかったお店にも赴くことができました。全国を又に駆けて活躍されているおださんの全面的なご助力のもと、貴重な一日を過ごすことができました。

この場を借りて、改めてお礼申し上げます。ありがとうございました!

【2008年6月7日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/51463400