2008年06月08日

一二三 一二三そば

一二三 一二三そば吉祥寺へ移動。実はこの場所で今回の東京のもひとつの目的のコンサートが催されたわけで。
その会場の近隣ということもあり、訪れた2軒目は「一二三」です。
こりゃ蕎麦です。
といっても、中華麺に無理矢理練り込んでぼそぼそとした中途半端な食感になることもなく、風味も喉越しも兼ね備えた、よくできた麺だと思います。26番くらいの細さながら、生地はしっかりとしていて、切れやすかったり、太さが不均一になったりもしていません。

スープは名古屋コーチンを使われているそうですが、濃密な感じでもなく、ピンと張った緊張感を感じるような澄んだ出汁。チャーシューは煮汁がよく染みたクラシカルなものでなかなか美味しい。

茎ワカメは謎。スープと合っているとも思えないのだが...。

ところで、店主の所作があまりにも仰々しい。これが東京のスタイルと言えば、そうかも知れないけれど、天秤で麺量を測る様や湯へ投入する動き、竹筒でつくったレードルで幾度も継ぎ足したり(レードルの意味がないじゃないか...(^_^;))...。まぁこれもパフォーマンスで、喜ばれているのであれば、とやかく申し上げるつもりもありません。

でも、撮影の許可を取ったところ、「何に使われますか?」と逆に聞き返されたのには驚きました。咄嗟に機転の利いた答えが返せなかった僕も未熟ではありますが。癖のありそうな店主ですなぁ。


【2008年6月8日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/51463448