2008年06月08日

きら星

きら星コンサートも終わり、今回の東京遠征最後のお店へ向かいます。
一番最初に訪問することを決めていました。「きら星」です。
関東を代表する濃厚豚骨のお店。
店内は豚骨独特の臭気が充満。好きな人には、この臭いだけで嫌応なく期待をかきたてられることでしょう。

粘度は京都が誇る「軍団」ほどではないにせよ、「濃度」という意味では、全国屈指との評判に違うことはありません。濃厚を構成するこの二つの要素のトータルバランスにおいて、やはり最先端を行っているお店です。

縦長に切り出された麺といい、みじん切りされた玉葱といい、鰹飴といい、店主が食べ歩いたあまたの博識に裏付けられた稀有なラーメンであることは疑いようもありません。

ただ、あまりにも沢山なエッセンスを足し算していった結果が、逆に「五月蝿さ」を招いていると感じたことも事実です。

引き算って難しいだろうなぁ。

【2008年6月8日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/51463465