2008年06月10日

ととち丸 塩ラーメン

ととち丸 塩ラーメン今日はお気に入りの「節割り」ではなく、あえて「塩」を選択。
相変わらず魚介がビシッと効いていて旨い。最近同じく魚介の使い方が巧みな加藤屋を訪れる機会が増えましたが、加藤屋が節系がぐいぐい押し寄せてくるのと比べると、ととち丸のそれは、濃さで圧倒することを旨としない、煮干しを中心として渋いセンスを訴求するようなまとまり方だと思います。学生対象のセットが好評のお店として考えられないほど、頗る慈味に満ちているのです。

今日特に感じたのは、煎り胡麻や干し海老の香りのよさ。相対的に出汁の風味より勝ってしまう感もありますが、店主の嗜好に則してマイナーチェンジを図られる、こんな発展系もありだと感じます。

以前触れたチャーシューの腕肉への変更は、こってり系の豚骨出汁においてはふさわしいが、これだけあっさりした清湯のスープにはやや寂しくも感じるというのが、せめてもの欠落点か。

【2008年6月10日訪問】

■■■ お店DATA ■■■
ととち丸
所在地 : 滋賀県大津市大江6丁目30-18 / Tel. 077-548-9112
営業時間 : 11:30〜13:30 17:30〜20:30
定休日 : 月曜

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/51463685
この記事へのコメント
チャーシューに関して同意です。
スープと各トッピ・薬味のバランスは最高でした(^^;)
Posted by nagoya-kyu at 2008年08月17日 17:42
名古屋球さん

たくさんの種類のラーメンがある以上、どれにもあう汎用的なものは望むべくもありません。2種類のチャーシューを用意する判断もあるでしょうが、なかなかそこまで求めるのもおこがましいかなぁと、遠慮しますね。
Posted by at_you_see at 2008年08月24日 19:00