2008年06月13日

昇龍

昇龍 2月にオープンしたお店を訪れました。
何回か訪問を試みていたのですが、売り切れや臨時休業の憂き目に合い、3度目の訪問でようやく頂くことができました。

このお店、堀川今宮の老舗「天龍」の御子息にあたる方によるお店だそうです。
ということで、どんなラーメンが出てくるかを思い描いていたのですが、意外やその予想は覆されることになります。

ご覧の通り背脂が特徴的な一杯。醤油の利かせ方も「天龍」とは趣きの異なる、言わば別系統の京都クラシカル。ネギは辛味が清清しい九条ネギでしょうか。この麺、どこかで食べたことがあるなぁ...と思いを巡らしていると、同行の業界の方が教えてくれました。

その名は「福建」。

なるほど〜。「天龍」という先入観を持ち過ぎていたので気がつきませんでしたが、京都背脂系の筆頭格「ますたに」と同じ麺との見立て。どうりでどこかで食べたような、という「既食感」を覚えたわけです。

ただ全くのレプリカというと、そういうわけではなくて、出汁は豚骨一本で取られているやも知れません。その辺りに根本的な違いはあります。

岩倉の地は目立ったラーメン店が皆無という土地柄でした。隣の同志社高校生はじめ、地元の人に愛されるお店になっていかれるよう、ご期待申し上げます。。

【2008年6月13日訪問】

■■■ お店DATA ■■■
昇龍
所在地 : 京都市左京区岩倉大鷺町517 / Tel. 075-724-9322
営業時間 : 11:00〜14:00 17:30〜23:30
定休日 : 水曜日

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/51481413