2008年06月27日

赤鬼軒

赤鬼軒屋号かわりました

河原町三条、繁華街の一角で営業するこのお店は、場所の利もあっていつもお客さんがいっぱいです。
バンドの練習の帰りに寄り、空いた小腹を満たしました。

「タンポポ」と同じように、上に降りかけられた一味唐辛子が特徴的ですが、見た目ほど辛さはなく、背脂と相まみえ、ほどよい辛味と甘味のバランスを演出しています。

出汁はシャバめの豚骨出汁ですが、旨味も湛え、タイプ的に京都人の好みを熟知したつくり。出汁は濃くある必要はなく、ロケーションを考えると、軽く一杯のラーメンを食べたいというニーズがある中で、非常によく考えられた一杯を提供されていると思います。


このお店、執筆時点では「魁力屋」に変わっています。
実は同じ会社。四条大丸横にあった「大正軒」も同じ系列で、そこも「魁力屋」に代わりました。どうも、営業不振といった理由ではなくて、ブランドの統一とか、効率化といった方向での路線変更であったと想像します。だって、「赤鬼軒」のときでもお客さんは結構入っていましたからね。

滋賀の有力チェーン「来来亭」が、なかなか京都中心部には入ってこれない中で、後進とはいえ、この「魁力屋」系列はなかなか健闘されているのではないでしょうか。僕自身は、個人店が好みなので、あまり足を運ぶ機会はないかも知れませんが、一般の人には身近なこれらの店舗、鎬を削り、チェーンとはいえ、より一層美味しい一杯が提供されるように、切磋琢磨を続けられることでしょう。

【2008年6月27日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/51494193
この記事へのコメント
はじめまして。ぷぃです。今度京都に初めて行くのですがここだけは行っとけみたいなラーメン屋さんありますか?僕はコク、うまみのある醤油やとんこつ、みそが好きです。
Posted by ぷぃ at 2008年10月01日 20:19
ぷぃさま

申し訳ありません。
多忙につき、お返事できないまま月日が経ってしまいました...

ごめんなさい...m(__)m
Posted by at_you_see at 2009年01月23日 22:12