2009年02月03日

【まごころ味噌】麺屋ジョニー きんぴらまごころ和え麺

麺屋ジョニー きんぴらまごころ和え麺梅花亭を後にし、訪れたのは最近めきめきとその実力を開花させている「麺屋ジョニー」です。
こちらは「和え麺」を提供。題して「きんぴらまごころ和え麺」。
まず驚かされるのがその具沢山さ。ざっと眺めてみても、きんぴらで使われている金時人参、ゴボウのほかに、人参、キャベツ、玉葱、きくらげ、白髪ネギ、糸唐辛子、三つ葉、等等。そしておおきくゴロゴロと刻まれたチャーシューに加えて、牛モツまで加えられています。一度に一杯分しか作れないのも合点がいきます。

味付けは味噌の他に、砂糖醤油が効かされており、全体の印象はまるでスキヤキのよう。そこで提供当初から若干変更されたのがその食べ方で、溶き卵に麺と具材を浸していただきます。「和え麺」ながら「つけ麺」のようにしていただくのが、なんとも面白い発想。

たくさんの具材に隠れがちですが、自家製麺の麺もまた異彩を放っています。企画用に特別に打たれたそれは、鰹粉が配合された太縮れ麺。たくさんの具材の中にあってもその個性を埋没させず、これが麺を主体にした料理であることを忘れさせない威風堂々とした麺です。これを、「麺屋ジョニー」自身で作り出していると言うのですから、まさに驚天動地。オープンして、まだ2年と経たないお店ですが、その勢いは留まることを知りません。

【2009年2月3日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/51577186