2009年02月03日

【まごころ味噌】タンポポ 鶏白湯味噌つけ麺麺

タンポポ 鶏白湯味噌つけ麺麺TV取材同行の3店目は京都の北部に位置する「タンポポ」です。
クラシカルな京都ラーメンを提供するお店だけに、今回のような創作性が求められる企画に参加されるのは意外な感じがしますが、前回の「和え麺サミット」にもしっかり参加されて、地産の素材(鷹峯の胡瓜)を使った意欲的な作品を提供されていました。

今回も異彩を放つ「つけ麺」で参加。なんと麺が2種類もありました。だからメニュー名も「〜麺麺」なんですね。

タンポポ 味噌壁紙器も今企画のために新調されたそうです。この企画に対する並々ならぬ、気迫を感じます。
また、店内の壁や店頭にも、ほんとうにたくさんのチラシ・ポスターを貼っていただき、しかも「みやこ西院作業所」のチラシまで掲示していただいて、なんだかうれしくなりました。


通常のラーメンは、クラシカルなラーメンゆえ、中金製麺を使用されています。店頭に年期の入った屋号入りの麺箱が据えられているのが印象的。ただし、今回のような創作性に満ちたメニューを提供される時には、麺屋棣鄂製のものをチョイスされています。いずれも平打ちの食感の良い麺ですが、一方は全粒粉配合のもの、もう一方は全卵を用いたものでしょうか。つるつるとした喉越しが溜まりません。

具材はネギとメンマとチャーシュー。白眉なのはチャーシューで、かなりの大きさのバラ肉で、バーナーで炙られた香ばしさが漂います。

つけ汁は鶏白湯をベースに、味噌ダレを用いたもの。「まごころ」のやや麹の立った、ラーメンつけ麺にはややネガティブな要素を、玉葱とパルメザンチーズで押さえ、全体的にまろやかな優しい味付けに仕上げられています。

またトッピング皿には、味噌団子と表現された黒い球体の団子が添えられており、つけ汁に投入し味の変化を楽しめるようになっています。これに用いられているのが、花椒と竹炭。なんか関東の流行をいち早く京都に取り込んでおられるような印象を受けます。間違いなく勉強熱心でしょう。

先代がお亡くなりになって、もうしばらくが経過しますが、これからのタンポポも京都ラーメン界において、目が離せない存在です。

【2009年2月3日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/51577202