2009年02月05日

【まごころ味噌】麺屋風火 大津青山店 味噌タンメン

麺屋風火 大津青山店 味噌タン麺今や湖国を代表する名店といってもよいでしょう。「麺屋風火」の2号店である「大津青山店」では「味噌タン麺」が提供されています。
ベースの塩スープは、ほんのり甘さを湛えています。一方、味噌は大きくスライスされたチャーシューの味付けに使用されているとのこと。また、挽き肉の辛味噌にも、用いられているのでしょうか?
味を決定付けているのは、こちらの辛味噌です。キムチも和えられていました。かなり辛く、そして熱い代物で、寒い最中に体中が温まります。

山椒のような風味を感じたので、会計時に尋ねてみると、これが「花椒(ホアジャオ)」だそうです。「タンポポ」でも用いられていましたが、そちらは竹炭の印象が強かったので、意識してその風味を堪能したのは、はじめてかも知れません。なかなか個性的な調味料ですね。

さて、秀逸なのが麺。かなりの太さで、食べ応えがあります。「タンメン」というと細縮れのイメージがありましたが、そのスタイルとはかけ離れています。そして、これがなんとも風味がよい。かねてより、季節限定のつけ麺で棣鄂のMTGを使われていたので、それに間違いないでしょう(そういえば、以前そう聞いていた気がします...(^_^;))。つけ麺用として、そもそもは開発されましたが、こうしてスープの中に入れていただいても、その魅力は十分に伝わってきます。いや、むしろより異彩を感じることができますね。

Wテイストの驚嘆は、やはり梅花亭に軍配が上がりますが、この麺とトッピング味付けの妙で、非凡な一杯であることは疑いようのない事実です。本店で提供されている別メニューにも期待が募ります。


ところで、実は前日も訪れたのですが、残念ながら営業を終わられておりました。チラシに掲載されている営業時間を変更され、現在は夜は22:00までの営業とされているようです。訪問を検討されている方は、ご注意ください。

【2009年2月5日訪問】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/51577204